でっかい富士山を見に~Part2♪

明けて日曜日、
パパは、「最上階の露天風呂で朝日が上がるのを見るんだ」と、
昨日意気込んでいたのに時計を見ると6時半、
隣りでまだ寝ていました(普段は早起きなのに飲み過ぎか)
私は外の天気が気になって、窓の方に行くと
所々に青空は見えるものの、富士山はえませんでした。


この分だと、
その内、見えるだろうと部屋の露天風呂に入りました。

DSC04844.jpg

お部屋の露天風呂から、富士山を独り占めするハズだったのにぃ
でも5分や10分で見えるものではありません。
仕方ないので、サービスショットをどうぞ
残念ながら、お部屋の露天風呂の眺望は望めませんでしたが
それでも満足に過ごせるくらいのクオリティだったのでです。




湯上りは庭園にて涼みに行きました。

DSC04859.jpg

隅から隅まで回れば1時間ほど掛かると言われる日本庭園は、
25000坪もありながら、手入れが行き届いて気持ちが良かったです。



DSC04860.jpg

もみじが少~し色づいていました。
こうなると、季節が変わるごとに来てみたくなってしまいます。



DSC04864.jpg

“赤富士の足湯”がありました。
お庭の花々を愛でながら、散策で疲れた足を癒すそうです。



DSC04872.jpg

東屋で一休み。。。
昨日は浴衣で、今日は作務衣にしてみました。



DSC04875.jpg

DSC04878_201610071956433ed.jpg

朝の庭園散歩も楽しめて言うことなしでした



DSC04880_2016100719564500a.jpg

メイン庭園と奥庭園をつなげる桂橋です。
散策でお腹も空いてきました、そろそろ帰って朝食へ




DSC04890_20161007195802066.jpg

DSC04892_201610071958031ac.jpg

朝食会場は、もしかして結婚式会場



DSC04897_20161007195806869.jpg

DSC04895.jpg

入口にこんなサービス籠が、、、心憎いですね



s-DSC04894.jpg

和洋折衷のビュッフェ
食べきれないほどのお料理が朝から並んでいました。
この後、しっかりデザートのケーキとフルーツいただきました。




朝食後は、大浴場【赤富士】大浴場に行きました。

DSC04900_201610071958486b2.jpg

私が朝お風呂に行くのは極めて珍しいことですが
17年前に見た、
露天風呂の寝湯で目の前にド~ンとあったが見たくてネ。


館内にあるお風呂場に全部入りましたが、結局該当なしでした。
多分6年前に改装した最上階の露天風呂が
前は屋上にあって、そこで見た富士山だったと思われます。




部屋に戻ったら、富士山が少し見えてきました。

DSC04912.jpg

空は、こんなに青いのにの周りだけが掛かっています。



DSC04919.jpg

「ジュッちゃん、笑っている場合じゃないよ!」

「窓からは富士山がドーンと見えて、
“お部屋から富士山が見える部屋”の確約どおりです。」
と言いたかったけれど、どうやら今回はだったようです。



DSC04926_201610072124208d9.jpg

富士山のテッペンが見えると下が見えない
というような繰り返しだったのであきらめました。
「神様が、もう一度リベンジに来るように!」と考えてくれたのかも




DSC04928_201610072124356f7.jpg

駐車場から車を出してもらっている間、
鐘山苑の正面玄関で記念写真を撮ってもらいました。

プロが選んだ旅館100選のTOP10に入っている宿だそうで
何から何まで気配りがあって心に残る旅になりました。





ホテル鐘山苑』さんを出たら、道の駅『富士吉田』に行きます。
来る前に調べておいた、ある事をする為です







道の駅で、美味しい天然水“富士の名水”を持ち帰るため
から、8ℓのポリタンクを2コのトランクに入れてきました。

DSC04933.jpg

近県から数多くの人たちが、美味しい水を求めて汲みに来るそうです。



DSC04937_20161008205717b9b.jpg

・富士山の表面にが降ります
・溶岩層に浸み込み、ろ過されます
・麓で汲み上げられます
(今日富士吉田で汲み上げられる水は富士山に雨や雪が降った後
 約25年~40年の歳月を経て届く、まさに富士山の恵みの水です)



DSC04939_201610082057184dc.jpg

にあった災害用に買って置いたポリタンクが、
こんな所で役に立つなんてネ




次に、『忍野八海』に行きました。
忍野八海とは富士山の雪解け水が湧き出た場所で
泉が8ヶ所集まっているのが特徴の観光スポットです。

DSC04941_20161008205827db0.jpg

昨日の御殿場プレミアムアウトレットもそうでしたけれど、
中国人観光客が、もの凄くたくさんいて乗っ取られた感じでした。



DSC04945.jpg

ココは、湧池(わくいけ)です。
その他、出口池(でぐちいけ)菖蒲池(しょうぶいけ)
底抜池(そこなしいけ)鏡池(かがみいけ)銚子池(ちょうしいけ)
濁池(にごりいけ)御釜池(おかまいけ)で構成されています。



DSC04946_2016100820583071b.jpg

DSC04949_2016100820583102a.jpg

富士山の雪どけ水を触ってみました(つ・つ・つめたい



DSC04951.jpg

DSC04953.jpg

人がいない場所を探しての記念写真です。
「もう一度訪ねたくなる観光スポットです」といてあったのですが
あまりにも外国人が多くて、私たちは足早に抜けてしまいました。




その後は、山中湖へ行きました

DSC04957.jpg

山中湖に来たからって何をする訳でもなかったけれど
やけにパパが黄色いボードを真剣にていました。



DSC04959.jpg

天気も良いし、「ボートにでも乗ってみるか!?」
黄色のオープン2馬力船(20分4000円)高っに乗りました。
私はのスワンが良かったけれど
2馬力で遅くても足で漕がなくてだからネ。



DSC04970.jpg

2馬力は免許不要です。
そういえば、パパは外洋まで出られる免許持っていますが
実際のところ、運転となると出来ないようですけどネ。



DSC04963.jpg

富士山は、相変わらず厚い雲に覆われて見えません



DSC04972.jpg

そろそろ20分になろうとした頃、戻ろうとしたら2羽の白鳥発見
手漕ぎボートスワンではありませんよ



DSC04978.jpg

DSC04979.jpg

後に付いてきて、どんどん迫ってきて、びっくりするくらい近くに



DSC04981.jpg

DSC04983.jpg

もう1羽の白鳥も同じように迫ってくるぅ
クサリがなかったら入り込んで来るぐらい人懐っこかったです。



DSC04986_20161008210615be7.jpg

ボートから降りたら、何か言いたそうに羽を広げていました。
ジュッちゃんが呼んだのかしら





DSC04992.jpg

DSC04991.jpg

お昼は、郷土料理の『和十郎』に入りました。
パパは天ざるそば(1350円)、私は山菜おろしそば(900円)
たいへん美味しゅうございました





DSC04999.jpg

最後に寄った場所は、お花が好きなので『花の都公園』へ



DSC05004.jpg

園内のサンパチェンスが見ごろでした。



DSC05009.jpg

DSC05010.jpg

有料エリアの真ん中に、不思議なトンネル見つけて入りました。
中は枯れ葉が目立つけど、出口付近の光の具合が幻想的でした。




屋外無料エリアのキバナコスモスへ
パパは足が疲れて歩けないので私だけが行きました。

DSC05020_20161008210935b99.jpg

DSC05028.jpg

ジュッちゃんも一緒だから寂しくありませんよ~




DSC05036.jpgDSC05037.jpg
DSC05031_20161008210958af8.jpgDSC05030.jpg

キバナコスモスも、あれだけあると圧巻です。
風で何度も倒れてしまうけれど、何度も立ち上がるキバナコスモス
「いつまでも落ち込んでいてはダメだよ!」っと
キバナコスモスに教えられたような気がしました。



DSC05033_20161008210959fd1.jpg

パパが歩けなくて全部見れなかったけれど、
入場料1人500円に300円は大した花もなかったため、
ちょっとガッカリしました(リピはないと思います)



DSC05039.jpg

s-DSC05040.jpg

寿羅、今回の旅はどうだったかしら
私たちが楽しめたから、きっと寿羅も満足だったということで




DSC05045.jpg

午後2時半、高速道路が混まない内に帰宅することにしました。
東富士五湖自動車道にて走行中、両側にはススキがありました。
秋ですねぇ
もう今年も10月に入りました、月日の経つのは早いです。




DSC05047.jpg

帰りは中央自動車道を使って帰りましたがアチコチで渋滞
行きのように、東名高速を使った方が良かったのかなぁ
石川PAでトイレ休憩。
に戻ったのは、午後5時半でしたから3時間掛かってしまいました。


とっても楽しかったのですが、
帰ってから洗濯物やお土産の区分けとか、それが一番疲れました。




comment

Secret

寿羅のカウントダウン

1997年6月28日に生まれた寿羅は、 2016年7月9日に19歳と11日で         ☆お星様になりました☆

プロフィール

makipi

Author:makipi
BLOG
ジュラ♪ジュラ♪へようこそ♪

4才半で我が家に来たジュラは
名前を変えたら可哀そうだから
漢字にして【寿羅】にしました
大きい病気もなくスクスクと
名前のように長寿でした!

本館HP
~風Maの部屋~もヨロシクネ♪

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア