08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

面会に行きました。

2016/07/07
寿羅が入院してしまったから、
夜中にで何度も起こされることなくグッスリ眠れると思ったけど
まったく反対で、
頭が冴えて何度も、「今何時かしら?」と起きてしまいました。


お花にお水をあげての中に入ったら、
「フ~ン!フ~ン!」って声が聞こえて
プール部屋を見たら、「なーんだ空耳かい!?」
私にとって寿羅のいないは、太陽のない世の中のようですから。


今日は休診日なので寿羅の経過を知るには
からの電話連絡を待つのみなのです。
プール部屋の敷いてあるタオルを取り換えたり、空気を入れたり
今か今かと待つのも結構ツライものがあります。


パパの気持ちも同じようで、
「連絡入ったか?」と何度も何度も電話してくるので
「連絡が来たら、いの一番に連絡するからネ!」と。

それにしても、いくら休診日だからと言って連絡が来ないのは
思ったより経過が悪くて連絡できないとか、
悪い方にばかり考えがいってしまって
朝からメソメソ泣いてばかりいたので、目が腫れてしまいました。



午後3時20分、やっと院長先生から電話が入りました。
目覚めるとピクピクするそうで、それが治らないと退院できません。
頭の中の炎症が治まればピクピクもしなくなるらしいのですが。。。

「夕方一度、見に来てもらえますか?」
「もちろん行きますとも!」



午後4時半、面会に行きました。

寿羅を動かすことはできないので、診察室を抜けて私たちが奥へ

DSC03156.jpg

穏やかな顔をして寝ていました。
声を掛けると、わかっているように応えてくれたように感じました。
パパがなでてあげたら微笑んだような
その後、パパったらハンカチ出して泣くんですもの
こらえていたのに私まで涙が出てきちゃって


熱は8度5分と下がったものの、眠りから覚めるとピクピクするそうで
頭の中の(腫瘍かもしれない)炎症が治まらないとダメなようです。
「脳梗塞のように血管が切れたのですか?」と聞いても
それも有りうるし、MRIを撮って調べる方法もあるが
機械の音が大きいらしくて、途中で眠りから覚めてしまう事もあって
とにかく今は静かに、安静にして薬も替えながら様子を見るとの事。

昨日運ばれてきた時が一番危険な状態だったそうで
今は熱も下がって、生死にかかわることはないそうですが、
このまま意識不明のまま、植物人間(犬)になってしまったり
意識が戻っても歩くことが出来ないかも
今の段階では何とも言えないそうです。


ネガティブに考えると、どんどん悪い事ばかり考えてしまうので
寿羅の顔が穏やかだったことをカテに、
まだ一日めですからポジティブに考えていこうと思います。





20:01 健康管理・病院