いきなりですが、今日は本当に大変だったんです。

実は寿羅が夜中、
静かに私の横で寝ていたのに突然ケイレンし始めました。

前足を突っ張らして、口からは大量のヨダレがでていました。
何しろ初めての事だったので私もパニック状態になり
ケイレンする寿羅を抱き上げて名前を呼んでいました。
ずい分長い間だったようにも思えましたがケイレンは止まりました。
口の周りをキレイに拭いてあげて、寝かせようと思いましたが
自分の足で立てないのに、時計と反対周りをやろうとしてました。
少し落ち着かせて、ケイレンから約1時間後にやっと寝ました。



今回寿羅の顔を見ていたら、もうダメかと思ってしまいましたよ。
こうしてお別れしていくのかと思うと涙が止まりませんでした。
でも、こんな苦しそうな顔でのお別れはイヤですから
枕元のiPadで、“老犬のケイレン”を検索しました。

ザッと見たところによると、
ケイレン中は黙って見守るしかないのだそうです
ただ、どれくらいの時間ケイレンしていたか
どんな様子だったかなど見ておくことが大切で、
飼い主が動揺すると、それが伝わって更にパニックになるそうです。
ウ~ン、なるほどと思いながらいつの間にか寝てしまいました。



すると、5:40am 再び同じようなケイレンが起こりました。
この時はウンPとチッコ漏らしました。
さっき少し学習したので、可哀想だけどジッと見守っていました。
時間にして4分間、
ヨダレも多いし、口の脇からベロが紫色になって見えました。

ケイレンが終わると、何度も吠えてグルグル回りたがっていました。
これは『シェリーの日常』さんのシェリーちゃんと似てるって
ブログでシェリーちゃんの様子をいろいろいてくれたので
老齢犬を抱える者にとっては参考になるし助かりました。
なので私もツライけど頑張って書こうと思っているんです。
いくら私が目のケイレンしたからって
寿羅までケイレンする必要はなかったのでは
悪夢のような一夜でした。



6:30am 落ち着いて寝はじめるけれど
何度も起きたり、吠えたりしてほとんど寝てない感じでした。


7:15am ベッドからリビングへ連れて行ったら
また回りたがるので抱っこしたら吠えて怒っているようでした。


7:25am 水もゴハンも食べません。
これは相当重大な事なので早くに連れて行きたいと思いました。


7:45am 立つことができないから転がりながらチッコしました。


8:00am 疲れたのか寝はじめました。
でも20分ぐらいで起きてしまい抱っこすると又寝ました。


9:30am ゴハンをあげたら食べました
最初は立てなかったのに、
ゴハン食べたら力がついたのか立って食べていました。


9:45am 病院へ向かいました
朝一で診てもらおうとしたのに2番目でした。



DSC00641.jpg
診療前の寿羅

呼ばれて診察室へ
前もってメモ用紙にまとめたものを院長先生に渡しました。

頭部に病気がある場合は、
MRI、CT等の検査をすればわかるかもしれませんが
麻酔をかける訳にもいかないので、
炎症を抑えるプレドニン注射と薬をもらうことにしました。
確か私の記憶ではステロイドを使うのは初めてだったような
どっちにしても18歳までステロイドのお世話になってないなんて
寿羅って本当に強い子だったんだなぁと

左方向へグルグル旋回するのは、
右に何かがあって、それを避けようと回ってしまうようです。
痴呆症の徘徊と似ているので区別がつきにくいですが
とりつかれたように回るので
疲れてしまうから止めさせてあげたいと思うのですが。。。




DSC00643_20160116212410c5c.jpg
診察終わってホッとしたのかパパの腕の中で寝ている寿羅

お薬は8日分いただきました。
「また何かあったら直ぐ連絡くださいね」と院長先生の言葉





に戻ってきました。

DSC00652_20160116212415a5e.jpg
眠たいようでソ~ッと腰を落としながら、寝の状態にしていきます。

前はトイレシートの上に敷物を敷いていましたが、
最近、頻繁にチッコをもらすようになってから
イチイチ敷物をはがして始末するのが大変になったので
上の敷物を外してしまいました。

リビングはトイレシートだらけですが、知っている人しか来ないし
可愛い寿羅のためならパパものようです。



DSC00645.jpg
夜寝てないから、懇々と寝ています



DSC00647_20160116212414f7d.jpg
ゴハンもいつものようにモリモリ食べていました。



注射が効いたのか、ヨレヨレですが左回りでなくて
右回りっぽいし、真っ直ぐ歩いています。
[広告] VPS




1月15日の昨日はラフレシアで新年会でした。
「岩槻だから寿羅も連れて行こうかな?」って思いましたが
連れて行かなくて大正解
もし連れて行ってたら、夜中の二度のケイレンで
疲れ果てて亡くなっていたかもしれません。
寿羅は本当に運の強い子だと思います。





s-DSC00639.jpg

いつかは訪れることですが、
残されている時間を大切に過ごすしか手はないのですか





Secret