が始まる3分前に連絡入りました。

昨日、私たちが帰ってからの二階にある自宅に連れて行って
もう一度お腹が膨らんでしまったそうです。
都合4回も、いやそれ以上胃に針を刺したかもしれません。

それからは、
お腹がキュルキュルと鳴って胃が動き出したそうですが
ウトウトするけど寝ないそうで
ご飯もあげてくれたそうですが食べなかったようです。

大事をとって、
夕方まで様子を見たいとの事、夜に迎えに行く事にしました。



午後2時半ごろ、から電話が
急変したのかと不安になりながら電話に出ました。

先生のお話によると、
お腹にあった大量のオヤツは腸の方へ行ったので大丈夫との事。
にいると、不安なのか寝ないので家で休ませた方が良いとの事。

ということで、迎えに行きました。

DSC08751.jpg
【なぎの木どうぶつ病院】様、この度は本当にありがとうございました。


寿羅の症状が出た時、もし救急病院がオペ中でなかったら
モチロン緊急病院に連れて行ったと思います。
そして何度も胃が膨らんでしまう状態に
おそらく緊急手術で麻酔をかけ、胃を切って中の物を出したかと。
最悪のシナリオもあった訳で
おまけに恐ろしいばかりの多額な治療費が掛かったと思われます。

たまたま出かけないで病院内にいてくれた主治医のおかげで

寿羅は命拾いしました

それに治療費も時間外なのに通常通りなんですよ
1回目は4320円、2回目はいらないって(考えられないから・・・)
そして今日、入院費含めて15660円良心的過ぎます。

ただ今回エコーで胃の中を調べたら
胃の壁に突起物のようなものがあって、
最近頻繁に起こってしまう症状に関連しているかもしれないと。
これからは、厳重観察&要注意が必要ということになりました。


あと先生は寿羅が寝てないことを知っているってことは
先生も寝てないのです。
半分以上は私の人的ミスなのに、責めたり上から叱ることもなく、
院長先生には足を向けて寝られないですね。


DSC08752.jpg

DSC08753_20150811200824495.jpg
ジュッちゃんにはツライ思いをさせてしまいました



に戻った寿羅は、いつもの場所(外)でチッコして
消化器サポート缶をあげたら食べてくれました。

「あ~自分ちに帰ってきて安心したんだな!」と思いましたが、
眠たいのに寝られなくて、「ゥワン!ゥワン!」と言って怒っています。
抱っこしてナデてあげても、「ゥワン!」
昔から「ワン」って言わなかった分、
まるで今ごろ取り返して言ってるみたいでした。

ウトウトするけど直ぐに起きてしまうし
あまりにもワンワン鳴くのでに電話して聞いてみました。


でも鳴いていたそうです。
「食事が胃に入ったことでお腹がヘンな感じなのか、
 もしくは甘えているので大丈夫ですよ」との事でした。
そう言われると私たちも安心して接することができました。
ワン言うのも疲れて、徐々に寝るようになりました。

そして寝る時間になってベッドに連れて行くと、
爆睡したように深い眠りについて寝てくれました。
自分の寝床で安心したようです。
きっと一晩寝れば、
また元の寿羅に戻ってくれることを願いながら就寝しました。


Secret