シビレルほど寒い日になりました。
12月だから仕方ないけど、「寒いのヤダ~!」


倉庫を整理(パパが)していたら、「こんな物出てきたよ~」って

IMG_2147.jpg

今習っているインドアテニススクールに入るにあたって
何もわからないまま、DIYショップに行って買ったのが
このWilsonのラケットです。
そもそも何で“DIYショップ”なんだろう
“スポーツショップ”なら納得いくけど、
結局テニスに関しては全くのド素人だったワケでありまして
「懐かしいなぁ~」と一人で盛り上がっておりました。


IMG_2146.jpg

よくるとラケットの三角の部分にシールが貼ってあり
1995年の5月9日にガットを張り替えたと記されています。

入会から19年も経っていたなんて・・・
始めたのが遅かったけど、一つの事に20年近くも続けているなんて
職人さんでいうと、かなりの腕前になっている粋ですね。

そして【60 P】とあるのは、ガットのテンション(張力)の数値で

一概に言えませんが、高いテンション(目安:60以上)ですと、
・コントロールが良くなる
・ボールがあまり飛ばないため、強打する人に向いている
・ガットが切れやすい傾向にある
・体、主に肘への負担が大きくなる。

低いテンション(目安:50以下)ですと、
・ガットが切れにくい、ボールが良く飛ぶ
・スピンがかかりやすいと言われている
・ボールのスピードが速くなると言われている
・コントロールが悪く感じる場合もある

と一般的に言われております。
現在私のテンションは、【縦50・横48】にしています。
縦横のテンションを変えるなんてプロっぽい
スピンをかけるようになってから、ガットのヅレが気になり始めて
縦横のテンションを変えると、あまりヅレないと聞いたので
今は、そのようにしているだけです。


ちなみにテニスの試合で打つときに
ボールがラケットの三角の隙間(シールの所)にハマってしまったら
得点等どうなると思いますか

プロの試合では滅多に発生しないそうですが、
一般の試合では見る場面がたまに発生しているそうです。
この場合は、ラケットに挟めてしまった側の失点になります。

って、約20年のテニスレッスンの中でハマってしまったのは
試合中じゃないけど1、2回ありますよ~
ハメようとしてハマるものでもないので笑うしかありませんね。

あとドレくらいテニスできるでしょうか
足腰が丈夫でないとダメですよね
それに一緒にテニスをしてくれる人がいないと困ります。
天皇陛下と美智子様がやっているくらいだから大丈夫かなぁ
ウインブルドン目指す訳ではないから
健康で楽しく続けられたら幸せだと思います。
Secret