08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

葬儀までのこと(覚え)

2014/08/03
[遡り日記] 2014年5月1日(木)

お坊さんの都合で、
お通夜は5月4日・告別式は5月5日になりました。

亡くなってから約一週間ありましたので
それまで自宅で一緒にいられることができて、
いろいろな思い出と共に心ゆくまで話ができました。


その間の寿羅は、母の傍でベッタリ
普段は足元で寝ることは滅多にないけど、
動物の勘なのか、亡くなったことを知っているようでした。

DSC06565.jpg

DSC06492.jpg
時には、お供え物をこっそりいただいちゃうことも
ご飯は息子が毎日二合炊いて、まん丸が段々上手になって
冷蔵庫に雪だるまみたいなのが溜まっていきました。


s-DSC06577.jpg
エバーミング』で一旦いなくなっても待ち続ける寿羅でした。


s-DSC06588.jpg
母が戻ってくると、
また傍で母を守るかのように延々と寝ている寿羅でした。


s-DSC06599.jpg
富士山登頂の際に使用した金剛杖と一緒に寝る寿羅。
この金剛杖は、ずっと玄関の傘立ての所にありました。
「私が死んだらお棺の中に入れてね」と言われていたもので
親は死んだりしないと思っていた私だったので
まさか、こんなに早くお棺に入れるなんて・・・・・


s-DSC06649.jpg
庭で採れたスナップエンドウや、お薬の関係で食べれなかった納豆
母が生前大好きだったものを集めてお供えしました。

お供え物は金属やプラスチック以外は
お棺の中に入れることができるので、日を追うごとに増えていきました。
17:53 日記