TRACKBACK : -  *  COMMENT : -  *  Edit  *  2014/08/01 - Fri -  10:10
母の死因その1(覚書)
毎日暑いですね
気がつけば、もう8月
母が亡くなってから約3ヶ月経って大分落ち着いてきましたので
忘れないうちに書いておこうと、遡り日記をいてみますね。


[遡り日記] 2014年4月27日(日)~28日(月)

この日は、寿羅の飛行犬としての2回目のフライトの日でした。
いつもだったら母も一緒に幸手のDogRunsWellさんに行くのに
あまり体調が良くなかったのか、
「家で待機する」と言って私を送り出しました。

元気が出るように、朝ご飯は鰻の蒲焼を出しましたが
半分ぐらいしか食べていませんでした。
お昼は、大好きな明太子ご飯にしてみましたが
やはり食べっぷりがよくありません。

午後4時半ごろ、飛行犬の撮影から帰ってきた私に
「寿羅どうだった?」と開口一番に聞いてきたので
「バッチリだったよ!」と答えた私でした。
自分が行けなくて心配していたらしい。

夕飯は、おいなりさんが食べたいというので買いに行くと
お弁当が売ってなくて、仕方ないから揚げの煮たものを買って
酢飯を詰めてあげたら3個、ペロッと食べてくれました。

それから今日あった事など、
何を話していたのか今では思い出せないけど
時計を見たら午後11時、
「明日は月曜日だから早く寝なくちゃ!」って事で
私はエアコン消したり、寝ている寿羅を抱えていたところ
母は、台所で夜中に飲む水を水筒に入れてフタを閉めようとしたら
力が入らないというので閉めにいった矢先
今度は足に力が入らないと、
その場に崩れるように倒れるところを幸いにも私が支えられたので
倒れた時の衝撃が最小限度に抑えられました。
これは只事じゃないと、寝ていたパパを起こして救急車を呼びました。

その間、母は意識もあり弱々しいけど話すこともできました。
間もなく救急車が来て、
隊員の方が血圧を測ってくれましたが正常値だったのを覚えています。
では、ここからどうするか?ってことになって
かかりつけの病院まで連れて行ってくれるそうなのでお願いしました。
そうです、ピンパピの柏の病院です。
救急車が埼玉県から千葉県に行ってくれるなんて初めて知りました。

もう夜中なんで柏から帰って来られないため車で追いかけることに。
パパは晩酌していたので私が寿羅と一緒に高速で行きました。
その事を救急車に乗った母に話すと、「うんうん」と納得の返事。
パパが救急車に乗って柏の病院へ行きました。
その間、血圧は大丈夫そうでしたが不整脈が出ていたらしいです。
一般道路の信号無視の救急車と、高速道路を使った私の車
どちらが早かったかというと、タッチの差で救急車でした。

ココの病院は、かかりつけでなくても救急を断らないのが有名で、
この日も母の前に男性が救急室にいて、入院の手続きをしてました。
母も退院してから5日目なのに、貧血の数値が6.5ℓと異常に低くて
今度は内科で入院することになりました。
入院準備で待っている間にも女性と男性が運ばれて忙しそうで
病室も個室しか空いてなかったので取りあえず個室へ。

この日の救急対応の先生は、内科の女医さんでした。
病室に入って女医さんから、「ご兄弟は何人ですか?」
「9人兄弟の七番目です」など色々質問されて答える母。
先生に診てもらって安心したのか
駐車場で待っているパパと寿羅を心配したり
意識もしっかりしていたので私も帰ることにしました。
TVカードと水のペットボトルを買って
「明日また入院セットを持って来るからねぇ」
と言って何の疑いもなく普通に手を振って別れたのですが・・・・・


書いていると思い出して涙が出てきて先へ進めません。
ここで一旦終わります。
CATEGORY : 日記
寿羅のカウントダウン
1997年6月28日に生まれた寿羅は、 2016年7月9日に19歳と11日で         ☆お星様になりました☆
プロフィール

makipi

Author:makipi
BLOG
ジュラ♪ジュラ♪へようこそ♪

4才半で我が家に来たジュラは
名前を変えたら可哀そうだから
漢字にして【寿羅】にしました
大きい病気もなくスクスクと
名前のように長寿でした!

本館HP
~風Maの部屋~もヨロシクネ♪

最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア