メロンパさんとお肉を買いに行った帰り道
今日はRuimamaがお友達の結婚式に行ったため
RUIっちを夕方から預かることになっていました。
初めて迎えに行く保育園(保育園3度変わっています)なので
下見をしようとしていたのに、流山橋で渋滞にハマって
下見どころじゃなくなって、本気モードで迎えに行くことになりました。

脇道に入って最徐行していたら
「あっ今の道にスベリ台が見えた!」とメロンパさん
バックして向かうと、「ありました、ありました」
最初は“まつぼっくり組”で、次が“もも組”今度は“ほし組”
RUIっちを乗せてに戻るとパパが帰っていました。

お腹を空かせているRUIっちに、
買ってきたカラアゲととご飯にふりかけかけて出してあげると
一生懸命食べていました。

その間、寿羅はノドが乾いていたらしくて
息もつかずに水をガブ飲みしていました。
そうしたら以前にも、『動物救急センターへ』に行った事と
同じ症状になってしまい、あれから11ヶ月ぶりの救急になりました。
DSC07573.jpg

でも今回のは本当に危なかったんです。
お腹がパンパンに張ってしまって
痛いのでしょう、「クゥクゥ、ワンワン」普段鳴かない寿羅だから
その声は本当に辛そうで可哀想で・・・
に着いても症状は変わらなくて
毛を剃って注射器でガスを抜くとか

ガスを抜こうとしても、粘着性の液体が少ししか取れなくて
麻酔をかけて内視鏡で取る方法しかないとか
血液検査から始めて、検査結果をみてから
それから手術って事になり、同意書も書いてました。

あっRUIっちはご飯食べたらコロッと寝ちゃって
車の後部座席でスヤスヤ寝ていますので助かりました。


いざ手術へ・・・
っと始まろうとしていた時、先生からお話がありました。
「今始めようと思いましたら、お腹が凹んできましたので
 レントゲンを撮ったら、手術は回避できそうです」

        

注射器でやったのが徐々に効いてきたのか、
検査などで時間が掛かって胃が元に戻ったらしいです。
なんてラッキーなんでしょ

でも今回は前回より症状がヒドイので一泊することになりました。
また急変するかもしれないですしね。
24時間診てもらえるから安心は安心ですけど費用がねぇ。

再診料           2000
胃ガス抜気        1000
採血料           1500
血液検査          2000         
血液検査          3000
血液生化学検査     12000
CRP             1500
X線検査料         7000
X線検査料(追加)    4000 
静脈カテーテル留置   1500
静脈点滴          4000
注射薬           6564
酸素吸入          3000
夜間管理料        4000
消費税           4245
合計            57309

寿羅の命が助かったのだから安いもんです


本日へ迎えに行きました。
DSC07572.jpg
前日はカラーして酸素室に入って痛々しかったけど
点滴も取れて、スヤスヤ寝てましたから一安心しました。

DSC07582.jpg DSC07579.jpg
にて:ピンクの包帯がキュート
ガス抜きで毛を剃られました(両脇と前の手)


主治医の先生に診てもらうために行きました
DSC07589.jpg

DSC07595.jpg
メロンパさんも心配してくれて一緒に行きました。

DSC07597.jpg
待合室で待っているところ元気そうです。

診察室に入りました。
動物救急センター』からは既に連絡済。
DSC07602.jpgDSC07603.jpg

DSC07605.jpg
主治医の先生が血液検査をするかもしれないと
救急センターでワザと残してくれた痕を取り除いてくれてます。
元気になったので、特に治療もありませんでしたが
胃の動きをよくするお薬を3日分もらいましたので
診察料     1000
内服薬      900
消費税      152
合計       2052

な~んて安いんでしょ
と言っている場合じゃない
RUIっちに気をとられて、
寿羅を苦しめるようなことをして、私・・・大変反省しています。
脇腹のハゲ(特に白い方)を見るたびに心が痛みます。
戒めのために可哀想だけどは着せないでいるようにしていると
パパが、「ハゲ!ハゲ!」と言います。
自分だってハゲなのにな

Secret