FC2ブログ

ジュラ♪ジュラ♪

02月≪ 03月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

湯島聖堂~神田明神へ♪

今日は学校それとも神社ナゾ多き、『湯島聖堂』と
東京屈指のパワースポットと呼ばれる『神田明神』に行ってきました。


先ず始めに湯島聖堂は、湯島天神と間違いやすい
同じ学問系なのですが、
湯島聖堂は、東京都文京区湯島一丁目にあり
湯島天神は、東京都文京区湯島三丁目にあります。
この2つは、直接の繋がりはないのですが、
湯島の1丁目と3丁目にあるので、
名前が似ているだけ、ということになるそうです。
あっ湯島天神は、以前の正式名称は湯島神社と言って
現在は湯島天満宮といい、湯島天神は通称となっていますよ。

それから湯島聖堂と『昌平坂学問所』の違いも簡単に言うと、
儒者の林羅山(ハヤシラザン)が上野に開いた家塾が、
将軍綱吉のときに湯島に移転して
孔子廟(コウシビョウ)を設けたのが湯島聖堂です。
これらは林家の私的な教育機関でしたが、
寛政時代に幕府の直轄としたのが昌平坂学問所となる訳です。
[ウィキペディア(Wikipedia)より]


でもって、湯島聖堂の裏手お茶の水公園(二重線)から入って
西門の所の現在地から、いきなり大成殿に入ってしまいました。

s-IMG_3180-1.jpg

IMG_3182.jpg

西門から杏壇門(キョウダンモン)を望むと、たくさんの絵馬が見えます。
これは孔子を祀ってあることから湯島聖堂は、
受験前の学生さんたちが、たくさんお参りにくる場所だそうです。




IMG_3189_20200324193855409.jpg

中に入ると、杏壇門の奥に青緑色をした銅板葺きの屋根を従えた
大きな建物、大成殿(ダイセイデン)孔子廟(コウシビョウ)があります。
黄色の丸の中はパパ、大成殿の大きさがわかりますね。
屋根の上を見るとアチコチに、
孔子のような聖人の徳を感じて姿を現すという
聖獣&霊獣たちの姿がありました。
湯島聖堂は、日本の学校教育発祥の地でもあるそうです。
だから大学などがたくさんあるのですね。




IMG_3194_20200324193856b23.jpg

石段を降りると、入徳門(ニュウトクモン)があります。
入徳門をくぐると、左の方の孔子銅像の方に向かいます。




IMG_3196.jpg

入徳門と水屋は、関東大震災で唯一残りました。




IMG_3212_2020032419412841f.jpg

こちらは、高さ4.5m重量およそ1.5tという巨大な孔子像です。
昭和50年に台北ライオンズクラブから寄贈されたものだそうで、
世界で一番背が高い孔子像になるのだそうです。




IMG_3215_202003241941287e1.jpg

仰高門(ギョウコウモン)一般見学者用の入り口になる門です。



s-IMG_3216-2.jpg

正門の現在地に着きました。
結局、反対周りしてしまったようですが
平日だった事もあって、誰とも会うこともなくゆっくりできました。
ここから歩いて神田明神に向かいます。




IMG_3219_20200324194329b43.jpg

前に訪れた時は、
表参道から入らなかったから気がつきませんでしたが
趣のある、お休み処のあま酒茶屋さんの天堅屋がありました。



IMG_3221.jpg

神田明神の鳥居近くにある狸の焼き物と
パパのお腹とどっちが大きいか比べてみようと立ってもらいました。



IMG_3223_20200324194332b10.jpg

銘板は読み取れませんでした。



IMG_3225_2020032419433366b.jpg

神田明神は、正式名称を神田神社といいます。
隨神門は、昭和50年に昭和天皇御即位50年の記念として建立。



IMG_3227_20200324194334416.jpg

神田明神男坂門です。
天保年間に神田の町火消4組が石段と石灯籠を奉献しました。



s-IMG_3229.jpg

明神男坂の大公孫樹(オオイチョウ)は、
江戸の昔より、この地に育ちました由緒ある樹木であるそうです。




IMG_3237_20200324194456d46.jpg

御神殿では、十二分にお賽銭とお参りしてきました。
総朱漆塗の社殿が、とてもステキでした。



IMG_3239_20200324194457592.jpg

商売繁盛の神様である、えびす様尊像です。
海の仲間に守られて大海原を渡られる
えびす様のお姿が造形されているそうです。




IMG_3242.jpg

最後は、『東京都水道歴史館』に行ってみましたが、
新型コロナウイルスのために閉館していました。



IMG_3243_20200324194538375.jpg

IMG_3244_2020032419453979c.jpg

IMG_3245_20200324194541f88.jpg

淀橋浄水場起工式・江戸の水売り・江戸の上水井戸など
水にまつわる、大判のタイルが歴史館の周りにありました。





トマトの木(タマリロ)を育ててみました♪

今から約2年前、
珍しい苗を見つけたので取り寄せて植えてみました。


その苗の名前は、
トマトの木やツリートマト、タマリロと呼び名があります。

IMG_3121.jpg

2018年4月30日、この日は変わった苗を取り寄せたようです。
両端は食用菊(サラダマム)のピンクと黄色美味しかったです。
プチキューもコロコロした可愛いのが採れました。
プチキューの隣りは雲南わかめそうと言って、
オカワカメのことで、つる性の植物で生のままでも食べられますが
さっと茹でるとクセがなくなり、栄養価も高く美味しかったです。




IMG_8754.jpg

2018年5月28日に取りあえず、鉢に植えてみましたが
この手前の葉っぱは、縦40㎝横30㎝のBIGサイズあるので
あとで、もっと大きな鉢に植え替えました。




IMG_0757_202003151541112d3.jpg

1年後の2019年5月29日の様子 たくさんの小さな実がつきました。




IMG_0916_2020031515411486f.jpg

2019年6月17日 9号鉢に植え替えたら、
みるみる背が高くなって2mになりました。
葉っぱもあったのですが、下の方は無くなってしまいました。



IMG_0921_202003151547395c4.jpg

IMG_0920.jpg

たくさんあった実でしたが、4個だけ大きくなってくれました。




IMG_1795_20200315154741b3e.jpg

IMG_1794.jpg

2019年9月5日 少しだけ色づいてきました。




IMG_2538.jpg

少し色づいてから3か月後の2019年12月4日
トマトのような色合いになったので収穫しました。




IMG_2542_20200315155214907.jpg

大きさは、卵の一回り大きいぐらいです。



IMG_2547.jpg

中の実をスプーンですくって食べました。
パッションフルーツとトマトの風味がして
最後にキウィフルーツの風味が鼻から抜けました。
ヨーグルトと食べても美味しいかもしれません。

野菜なのか、それともフルーツなのか、ナゾは広がるばかりです。





寿羅、3年と8回目の月命日♪

今日は、寿羅の四十四回目の月命日です。

最近パパとダイエット散歩を始めました。
1時間は必ず歩くようにして、時には1万歩を超える日もあります。
風が無くて穏やかな日は、とても気持ちがです。
パパは初めてのダイエットで順調にいっているようですが、
私は色んなダイエットをやっているため、なかなか痩せません

IMG_3256.jpg

先日歯磨き立てにミニ多肉ちゃん入れて作ったものをお供え
受け皿はセンターポンチで穴を開けたマグカップです。
石膏風エンジェルピックが、いい仕事をしてくれます。

はダイエット散歩の途中でスーパーに入り購入しました。




IMG_3250_202003142114410e9.jpg

のは右側にありますが、ハリネズミも一緒に買いました。
ハリネズミの隣りには鯛焼きがありますね。
この鯛焼き、20年以上前にお姑さんがよく買ってきてくれたもので
南千住の駅前にお店があったのですが、
駅前再開発で移転して、やっと見つけて買ってきました。




IMG_3175_202003142114368f9.jpg

昭和30年創業の、元祖たいやき浪花家(ナニワヤ)さんです。




IMG_3177.jpg

IMG_3179_20200314211439e0c.jpg

今でも一つずつ鉄の型で手焼きしていました。
皮が薄くてパリッとしています。
あんが少し白っぽくて自家製との事。
北海道の小豆を100%使用しているそうです。

お味は昔と変わらなくてとても美味しかったです。
一匹あたり180円
予約をする場合は、10匹単位となっています。





気になって行ってみると♪

この時期になると、なぜかソワソワ・・・
そう、にピンクの花が咲いていると何かな
梅かな桃かなそれとも早咲きの桜かしらと。

暖冬だったから今年は桜の開花も早いらしいというので
毎年行っている、『川口 密蔵院』の安行桜を見に行ってみました。


平日の金曜日だというのに、5つあるの一番奥に停めました。
地元の人たちも、きっと私のように気になるのでしょうね

IMG_5393.jpg

第5駐車場入口の桜はこ~んな感じでした。



IMG_5348_202003141700173e8.jpg

参道前の桜はナント紅白でした。
わかりません。



IMG_5352.jpg

参道の桜は、5分~6分咲きでした。



IMG_5357.jpg

山門前の手洗い場は、
壁の窓に太陽と月を表し、龍の文字が毛筆で書かれています。




IMG_5359_20200314170021b31.jpg

そして可愛い子たちが桜を見に来ていました。



IMG_5366.jpg

桜を背負っているように見える、水掛け地蔵尊。



IMG_5365.jpg

丸い屋根は、密蔵院ギャラリーです。



IMG_5367_2020031417024694c.jpg

濃いピンクの花びらが特徴の台湾緋桜も咲いていました。



IMG_5375_20200314170248fe7.jpg

IMG_5379.jpg

卒業式の帰りでしょうか
綺麗な桜と羽織袴姿で、一生の思い出になるでしょうね。



IMG_5388_20200314170404445.jpg

これぐらいの時が一番キレイかもしれません。



IMG_5389_20200314170407c71.jpg

ここの駐車場で、毎年恒例の春彼岸の桜祭りは中止となりました。



IMG_5390_20200314170406bcb.jpg

左側は安行原自然の森になっており、
斜面地にある自然林を生かした公園があります。





s-IMG_3258.jpg

s-IMG_3259.jpg

昨年の3月15日に、『安行桜、ワンワンお花見♪』で来た特に
密蔵院の御朱印帳を購入して、初めて書いてもらったのが
キッカケで楽しい御朱印巡りが始まったのでした。





拾ってきた流木とシーグラスで簡単手作りインテリア♪

海ナシの埼玉県makipi市から今年の正月に、
神奈川県葉山町の海岸でシーグラスと流木を収集してきました。

その“流木”と“シーグラス”を使って、
「簡単手作りインテリア」の作り方をご紹介したいと思います。




先ず始めに下準備として、
シーグラスと流木は雑菌が付いているかもしれないので
良く水で洗った(砂がなくなるまで)後、
バケツの水(2リットル)に対してキャップ1杯の
次亜塩素酸ナトリウムを入れて半日ほど置いておきます。

s-IMG_2981.jpg



s-IMG_2998.jpg

その後はザルを使いながら綺麗に洗います。




s-IMG_3004.jpg

天日干してから使います。(ここまでがチョイ面倒ですね)




「流木の壁掛け」

IMG_3044_20200303170330706.jpg

[準備するもの]
・流木
・ニッパ&ラジオペンチ
・アルミワイヤー
・瞬間接着剤
・ミニサボテン&ミニ自転車などの雑貨
 は流木の太さに合わせて選んでネ


(作り方)
IMG_3046.jpg

①流木の長さの2倍のアルミワイヤーを2つに折ってネジネジして、
 流木の両端に固定する



IMG_3049.jpg

②アルミワイヤーでお花を2つ作って、持ち手に巻きつける



IMG_3063_2020030317033481e.jpg

③ミニさんなどをバランス良く、瞬間接着剤で着ける
 出来上がり 




「シーグラスとフラミンゴpink! pink!」

IMG_3051_20200303170555280.jpg

[準備するもの]
・シーグラス
・ガラス水盤(14.5㎝×6㎝)・・・ダイソー
・カラーゼオライト(小粒2袋)・・・ダイソー
・ヤシの木・・・ダイソー
・フラミンゴとのピック・・・家にあったもの


(作り方)
IMG_3053_20200303170556a38.jpg

①作り方といっても、ただ並べるだけなので説明はいりませんが、
 カラーゼオライトを敷き詰める



IMG_3059_20200303170557510.jpg

②好きなように並べて、最後にシーグラスをゼオライトに挿す
 (シーグラスにサラダ油を少量塗りました)



IMG_3081_20200303170558a6a.jpg

③出来上がり



「シーグラスとミルクピッチャーのコラボ」

IMG_3064_20200303170813a0c.jpg

[準備するもの]
・シーグラス(細かいもの)
・ガラス水盤(20㎝×8㎝)・・・ダイソー200円
・ミルクピッチャーと蓋付ミルクピッチャー
・枯れた小枝(リース用)
・アイビーなどのアートフラワー・・・ダイソー
・アレンジワイヤー(0.35㎜)・・・ダイソー
・オアシス(少量)
・カッターナイフ(オアシスのカットに使用)


(作り方)
IMG_3066_202003031708157cd.jpg

①枯れた小枝にアレンジワイヤーでリースを作る
 それにツル系(アイビーなど)のアートフラワーを巻きつける



IMG_3068.jpg

②ガラス水盤にシーグラスを入れる



IMG_3070_20200303170817cfa.jpg

③オアシスをカッターで削って、蓋付ミルクピッチャーなどに入れる



IMG_3088_20200303171107835.jpg

④ミルクピッチャーと蓋付ミルクピッチャーに小花を挿し入れる



IMG_3072_202003031711056b6.jpg

⑤樹脂粘土で作ってもらったミルクチョコ寿羅ちゃんも一緒にネ




IMG_3077_20200303171107ac1.jpg

反省点として、蔦のリースは
もっと簡単なもので良かったと思いました(目立ちすぎちゃった
シーグラスの上は、
多肉植物でもドライフラワーでも貝でも良いと思います。






大学で学べる生涯学習講座のポスター♪

一緒にスペイン語を習っているOoさんから電話があって
「獨協大学前駅の、いくつかある柱の中で
大学オープンカレッジのポスターにmakipiさん載ってるわよ~!」
と連絡が入ったので、
どんな風に写っているのか心配で駅に行ってみました。



IMG_3165_20200313210522279.jpg

IMG_3167.jpg

駅前の公園から、中央図書館を通り抜けると駅前広場があります。
正面の建物は、獨協大学の女子学生寮だそうです。




IMG_3161-1.jpg

駅の西口、始めはドコにあるのか気づきませんでした。
青丸で囲んだ所にありました。




IMG_3160_2020031321062643a.jpg

2019年後期講座の時に、全教室をカメラマンさんが回っていると
聞いていましたが、まさかポスターに載るとはねぇ




IMG_3157_2020031321062178f.jpg

左下の隅に赤い服を着ているのが私です。

学べる講座は、哲学・芸術・文学・歴史・社会・国際・法律・経済・
生活・自然・物理・環境・心理・健康・医療・外国語と
102の講座があり、秋期講座と合わせると180講座になります。




IMG_3159.jpg

講師は、獨協大学・上智大学・慶應義塾大学で講師を務める
人の優しくてわかりやすいヘスス・マルティネスさんです。
後ろ向きで黒いベストを着ている方が、電話をくれたOoさん
その隣のチェック柄のシャツを着ている方は、
退職されて独学でスペイン語を勉強されていたKiさん
茶のカーディガンの方は、横浜から二時間かけて通っているKaさん

私はスペイン語を習い始めてから5年目になるというのに
全く上達していません
早く語以外の言語で話せるように日々勉強の毎日です。





実は回覧板にも載っていて、ミニバスのママさんからも
「もしかしたら○○ちゃんじゃなーい!?」ってメールもらいました。
「一生懸命に勉強している様子が感じ取れますよ」と言われて
ちょっと照れくさかった私でした。

s-IMG_3268.jpg

s-IMG_3272.jpg

同じような写真ですけど、
私にしてみれば、天にも昇るような気持ちですから許して下さいね。

今は新型コロナウイルスで、オープンカレッジも開講するか
わかりませんけど、初日は5月16日なので
それまでには終息しているように、今は祈っているしかないかな。





HOME

寿羅のカウントダウン

1997年6月28日に生まれた寿羅は、 2016年7月9日に19歳と11日で         ☆お星様になりました☆

プロフィール

makipi

Author:makipi
BLOG
ジュラ♪ジュラ♪へようこそ♪

4才半で我が家に来たジュラは
名前を変えたら可哀そうだから
漢字にして【寿羅】にしました
大きい病気もなくスクスクと
名前のように長寿でした!

本館HP
~風Maの部屋~もヨロシクネ♪

最近の記事
最近のコメント
カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

フリーエリア
フリーエリア