ミニバス飲み会(プチビアガーデン)♪

久しぶりにミニバス仲間から、「飲み会しよう!」とメールが回り
以前も利用した松原団地の獨協大学近くの『加賀海』に
プチビアガーデンがあるというので行ってきました。

連日、夜になっても気温が下がらなくて
熱帯夜のような日が続いていましたが、
この日だけはビアガーデン日より
外でも暑くなくて、ちょうど日頃の行いがイイからね

DSC07975.jpg
私を入れてまだ半分の人数、もう3人を待って始めますが
何しろ主婦兼働いているので、
なかなかピッタリの時間には始められないのが難点です。


DSC07980.jpg DSC07979.jpg
お店の入り口、昼間はテラス席だったらOKです。


DSC07982.jpg
お刺身の盛り合わせ、ミズたこが特にGood


DSC07984.jpgDSC07983.jpg
お任せでたくさん出てきました、ボケボケ写真


DSC07986.jpg
お伊勢参りに行った人から、おみくじ狛犬もらいました。


DSC07987.jpg

DSC07988.jpg
どれもこれも美味しかった


そうそう、最近私はシュシュ作りにハマってまして
本当に簡単な作りのシュシュですが、
短い髪の毛の人まで何に使うのかもらってくれました。
DSC07974.jpg
寿羅の洋服の残り切れやバッグのハギレなど
モッタイナカッタから使って作れるのが楽しいです。

まるでヘンゼルとグレーテル♪

寿羅を会社に連れて行くと、まず初めにオヤツとお水をあげます。
仕事が忙しいからといって後回しにはできません。
ナゼかと言うと、寿羅はソレを楽しみに会社に来ているからです。


DSC07967.jpg
いつものようにオヤツ食べてます
最近ご飯もそうですけど、食べ方が非常に汚いのです


DSC07969.jpg
あちらこちらに散らばるオヤツ
息子が、「ヘンゼルとグレーテルみたいだ」と言うのでタイトルに


DSC07970.jpg
集めてあげましたよ。


DSC07973.jpg
「アチチはコレでたどりつけました」

「って、どこへ」

「会社でち」

ふるさと納税in音更町♪

わが家は新盆です。

s-DSC07911.jpg




話は変わりますが、ふるさと納税してみました。

DSC07960.jpg
北海道の音更町(オトフケチョウ)』に10,000円寄付しましたら

DSC07962.jpg
かなり楽しいです。

またドコか探して寄付したいです。

寿羅の手作りご飯レシピ♪

今日は寿羅ちゃん、いつもの定期検診にに行きました。
ちょうど午前中にお墓に行って、
お掃除とお花を生けてこようと思ってたから
出たツイデって事で急に決まりました。

本当は暑くならない早い時間が良かったのですが
が10時始まりなもので、お昼すぎになってしまい
お墓から戻る時は、雨がパラパラ降ってきて焦りました。


最初に寿羅の体重を量りました、2.95kg マズマズです。

あと遅れていた狂犬病のをしました。
問診票の内容を看護師さんに聞かれたんですけど
その中で特徴欄があって、「可愛い!って書こうと思いましたよ」
っと冗談ぽく言ったら、「みんな可愛いからネェ」と軽くいなされました。

次に「噛んだことはありますか?」
「ナイです。噛みたくても歯がないしぃ」って言ったら
またしても軽く笑われました。

前にいた、綺麗なお姉さん看護師さんは退職して
代わりにきた、このお姉さま看護師さんは冗談が利かないかも
無事に定期健診終わって帰ってきました。


さて今日は、寿羅に与えている手作りご飯を紹介したいと思います。

DSC07914.jpg
直径25㎝の大きなボール・タッパーウェーブを適当に3ケ
バーミックス(ハンディタイプのフードプロセッサー)

DSC07916.jpg
キャベツ中を1ケ・人参(細いから)4本・豆腐(絹でも木綿でもOK)
鶏ムネ肉、皮を取って挽いてもらう2㎏
いつもは稲毛屋精肉店で挽いてもらうけど間に合わなかった
以上が基本の材料で、あればサツマイモとか小松菜入れたりします。

DSC07918.jpg
キャベツを荒く切ってグランインダーに入れる

DSC07919.jpg
寿羅が噛むことができなくなったので、なるべく細かく刻みます。

DSC07921.jpg

DSC07924.jpg
人参も同様に

DSC07927.jpg
ボールに入れて混ぜ合わせる

DSC07929.jpg
豆腐入りまーす。

DSC07935.jpg
豆腐が入ったので白っぽくなりました。

DSC07937.jpg
居間で寝ていた寿羅が台所へ移ってきました。

more...

浦和レッズグッズにサイン♪

今日は午後からに行く前、
メルメルさんから送ってもらったをメロンパさんが取りに来ました。

DSC07537.jpg
大きいスイカでしょ
今年は不作とかでいつも送ってくれるのは、もっと大きいんですよ

DSC07533.jpg
メルメルさんにお礼のお手紙をこうとしたら
レモンちゃんが脇の下からコンニチワ




タイトルに戻ると、幸手の教室で会ったプードルのノエル君ちのママが
浦和レッズの元選手
1※内舘秀樹さんと2※堀之内聖さんのお友達だったので
レッズファンとしてサインをお願いしたら快く引き受けてくれました。

1※内館秀樹(うちだて ひでき 1974年(昭和49年)1月15日 )さんは、
埼玉県浦和市(現・さいたま市桜区)出身の元サッカー選手。
ポジションはディフェンダー、ボランチ。
2006年にはディフェンスラインに入り悲願のJリーグ優勝に貢献しました。

2※堀之内 聖(ほりのうち さとし 1979年10月26日 )さんは、
元プロサッカー選手。妻は元シェキドルの荒井沙紀さん。
ポジションはDF、MF。主にセンターバックとボランチをこなす。
さいたま市立浦和高校→東京学芸大学と秀才Jリーガーである。

DSC07510.jpg
2007.1.27に浦和の涙の記事書いてます。『【浦和の涙】5つ星ラベル
浦和レッズオリジナル焼酎です。
悔し涙、歓喜の涙、たくさんの涙があって、
歴史が詰まった焼酎にサインしてもらいましたヨ。


DSC07514.jpg

DSC07515.jpgDSC07516.jpg
まだ一度も着せたことなかった寿羅とレモンちゃんの洋服にも


DSC07519.jpg
この袋の中にはウェディングテディーベアが入っています。

DSC07521.jpgDSC07532.jpg

DSC07522.jpg
息子が9月20日に結婚式を挙げるので、
私が好きなチームってことで独断と偏見でプレゼントしました。

お二人からメッセージをもらっています。
一○さん○子さん、ご結婚おめでとうございます。
この日の感動をいつまでも忘れずに、長い人生を共に助け合って
楽しい家庭を築いて下さい。

浦和レッドダイアモンズ:内館秀樹 堀之内聖(さとし)


内館秀樹さんと堀之内聖は、
レッズの黄金期を支えてくれた名プレーヤーの二人です。
彼らが全盛期だった頃とはレッズもかなり変わりましたが
今は浦和レッズクラブスタッフの一員となって、
そのレッズをこれからも支えていってくれると思います。
出来ることなら、現役中に知り合えたかったな
でも大好きな浦和レッズの人にサインもらえただけでシ・ア・ワ・セ

バスケットアレンジ~サマーアレンジ~♪

今日のフラワーアレンジメントのレッスンは、
お仏壇の所に置きたくて、特別に材料を揃えていだたきました。

いつも一緒に来るアクア君ちは、
昨年私は作り終えてる『貝のリース№17』を作りに来ています。

DSC07867.jpg
いつものようにテーブルには材料がセッティングされていました。
ありがとうございます。

DSC07861.jpg DSC07857.jpg
左:寿羅は私の隣のイスの上で落ちつかない様子。
右:アクア君は下からママの様子をニコニコ顔でてました。

DSC07866.jpg DSC07863.jpg
左:悟空君と、右:ノエル君
下に居る派とイスで待ってる派に分かれてますネ。

DSC07869.jpg DSC07860.jpg
シエルちゃんの場合は上に居たり、下でこんな恰好してたり様々。

DSC07871.jpg
イス派のノエル君と寿羅は、お隣同士で内緒話して遊んでます。

DSC07873.jpg DSC07875.jpg
真剣に作っていたら、途中の工程を撮るのを忘れてました。
ほぼ完成です
シエルちゃんちも貝のリースは作ってあるので、
今日はティッシュBOXをお花でアレンジしていました。

DSC07876.jpg DSC07877.jpg

DSC07878.jpg DSC07879.jpg
あとの方たちはグルーガン片手に黙々と貝のリースを作っていました。

s-DSC07880.jpg 完成
デザインは、
トライアンギュラーといって、一方見のアレンジと三角形にまとめます。
・オリエンタルユリ  ・アリストロメリア  ・ダリア  ・ミニガーベラ  
・小花  ・シダ、グリーンと麻衣子先生がステキにチョイスしてくれました。
これで母も、「良くできたね!」と褒めてくれそうです。


DSC07885.jpg DSC07884.jpg
この二つはマサエちゃんのパパさんから頼まれたもので
麻衣子先生が作ってくれました。
マサエちゃんが大好きだったオリエンタルユリが入ったステキな作品。


っと、ノエル君にそっくりなチワワンが来店しました。
とっても良く似ているので2ショット撮ろうと思ったら

more...

ガーベラのバスケットアレンジ№51♪

[遡り日記] 2014年5月26日(月)


今日の起床は、6:36am ちと早いね
チッコをさせようと、寿羅を抱いて玄関先に出そうとしたら
カーポートの下、寿羅のチッコ場(屋根付きコンクリート)に大量のウンP
どう見ても寿羅のじゃないことは明らかで、
野良猫のと思った途端、怒りが込み上げてきました。
庭の竜のヒゲにされても困るけど、こんな所にするなんて・・・
寿羅のは平気で取れるのに、野良のとわかると何となく気持ち悪

(こんな時、母がいてくれたら取ってくれたのにな!)

な~んて思っていたら、
ビニール袋を二重にして、さっそうと取りに行く人がいました。
ジュラパパです
母が亡くなってからスゴ~ク優しいのです


さて今日は寿羅のトリミングとフラワーアレンジのレッスンです。
最近、このパターンが多いというのも
ここまで来るのに1時間ちょっと掛かってしまう為なのです

DSC06957.jpg
バスケットに花をドンドン挿しこんでいきます。

DSC06959.jpg DSC06963.jpg
寿羅が隣で甘えてきま~す
大きめの花、ガーベラから挿していきます。

本日のちゃんたちを紹介しま~す。
DSC06961.jpg DSC06964.jpg
“悟空くん”&“アクアくん”

DSC06966.jpg DSC06968.jpg
“ノエルくん”寿羅とLOVE×2
というか、チワワンと仲良しなのは珍しいのです。

DSC06965.jpg DSC06971.jpg
こちらはプードルの“ノエルくん”たまたま同じ名前でした。

DSC06972.jpg DSC06973.jpg
“しょうくん”と“シエルちゃん”
嵐の翔君が好きで付けたのかと思ったら違うそうです。

DSC06976.jpg DSC06970.jpg
可愛いピンクのタッセルを付けたら出来上がり

DSC06980.jpg DSC06981.jpg
ヌイグルミのようなノエル君

DSC06982.jpg
はい皆さんの作品です。
たくさんあると更にカワイイ

DSC06983.jpg
出来上がったので、寿羅ちゃんチッコタイム

DSC06984.jpg DSC06986.jpg
トリミング中にランチしました。

DSC06990.jpg DSC06991.jpg
尚も、皆でガヤガヤしゃべっていたら小腹がすいてきたので

DSC06989.jpg
月曜日の長閑な一日でした。
Dog Runs Well』さん、いつもありがとうね

気分転換にバラ園へ♪

[遡り日記] 2014年5月18日(日)


気分転換に『伊奈(イナ)のバラ園』へ行きました。

DSC06789.jpg
この日はカナリ暑かったため、
凍らせたペットボトルや水分の補給に気をつかっていました。

DSC06793.jpgDSC06792.jpg
レモンちゃんと【マジョリカ】

DSC06794.jpgDSC06793.jpg
レモンちゃんと【朝雲】

DSC06799.jpgDSC06798.jpg
【天津乙女】

DSC06803.jpg
寿羅、まったくヤル気

DSC06804.jpgDSC06805.jpg
レモンちゃんと【ニコル】

DSC06808.jpgDSC06809.jpg
【レーシー レディ】

DSC06806.jpg
【アクロポリス ロマンティカ】

お腹が空いたのでご飯を食べることに

more...

お墓のこと♪

[遡り日記] 2014年5月17日(土)


七十七日の法要を、6月15日と決めて、近くにあるお墓の場所を
納骨の関係でメロンパさんに教えるため連れてきました。

DSC06785-1.jpg


今までは仏様がいなかったので仏壇がありませんでした。
お墓も場所だけあったので、これから墓石を建てます。


母は新潟に先祖代々のお墓があるのですが、
生前、偶然にお墓の話をしていたら

母  「○○家←(パパの姓)のお墓に入ってもいいかしら?」
パパ 「お墓は近い方がママもお参りがたくさんできるからね!」


この時は母が亡くなるなんて思ってもみなくて・・・・・
単なる雑談だったのですが、
母の気持ちがわかっていたので迷わないですみました。
話しておいて良かったのか、悪かったのか

お通夜と告別式(覚え)

[遡り日記] 2014年5月4日(日)~5日(月)


とうとうお別れの日がやってきました。


祭壇は、母の好きだったお花を使ってもらって
波をイメージした華やかな生花祭壇にしてもらいました。

s-DSC06719.jpg

エレクトーンの生演奏など頼んだ覚えがないのに付いていたり
後で聞いたらセットに入っていたらしいのですが、
何もかも初めてのことに言われるままに応じてしまったので
それは盛大な式が挙げられましたが、
「何もそんなにしなくても・・・」と母に言われそうな気がしました。


s-DSC06693k.jpg

式場前の【絆】というコーナーには、
生前の想い出に写真やスイミング教室でお気に入りだった水着
歩こう会の会員証・帽子、四国お遍路の袈裟・白衣・頭陀袋・脚半
寿羅に作ってくれたお正月の着物にカフェマット、浴衣などを
飾っていたら、展示台が足りなくて追加したりしました。

ココだけでは語りつくせないくらいの元気で明るく器用な母でしたが
弔問された方たちにはとても喜んでもらえたと思います。

s-DSC06697.jpgs-DSC06696.jpg

s-DSC06702.jpgs-DSC06703.jpg

s-DSC06728.jpg


s-DSC06737.jpgs-DSC06727.jpg
ロビーと二階の受付

s-DSC06730.jpg
一晩明けて、告別式の日の朝食です


s-DSC06736.jpg
骨壺は、
【雅】という名前の薄紫から薄桃色にグラデーションするものにしました。


s-DSC06761.jpg
火葬は『越谷市斎場』にて執り行いました。
ココは市営のため、越谷市・吉川市・松伏町に住まれる方は
市民料金にて利用できますが、
わが家は該当市外なので一般料金(市民料金の8倍)にて利用。
makipi市には火葬場併設の総合斎場がありますが
民営のため料金的には一緒なのです(時間的にコチラは早いけど)
最後のお別れを個室でできて、撮影までできるので決めました。


s-DSC06769.jpg
火葬が済んで、遺骨は雅の骨壷に納められ自宅に持ち帰るところ。


s-DSC06777.jpg

やっと一通り終わって帰ってきた母を、
待ちくたびれたかのように、
半分座布団に乗って寝ている寿羅の姿を見ると、また泣けてきました。

葬儀までのこと(覚え)

[遡り日記] 2014年5月1日(木)

お坊さんの都合で、
お通夜は5月4日・告別式は5月5日になりました。

亡くなってから約一週間ありましたので
それまで自宅で一緒にいられることができて、
いろいろな思い出と共に心ゆくまで話ができました。


その間の寿羅は、母の傍でベッタリ
普段は足元で寝ることは滅多にないけど、
動物の勘なのか、亡くなったことを知っているようでした。

DSC06565.jpg

DSC06492.jpg
時には、お供え物をこっそりいただいちゃうことも
ご飯は息子が毎日二合炊いて、まん丸が段々上手になって
冷蔵庫に雪だるまみたいなのが溜まっていきました。


s-DSC06577.jpg
エバーミング』で一旦いなくなっても待ち続ける寿羅でした。


s-DSC06588.jpg
母が戻ってくると、
また傍で母を守るかのように延々と寝ている寿羅でした。


s-DSC06599.jpg
富士山登頂の際に使用した金剛杖と一緒に寝る寿羅。
この金剛杖は、ずっと玄関の傘立ての所にありました。
「私が死んだらお棺の中に入れてね」と言われていたもので
親は死んだりしないと思っていた私だったので
まさか、こんなに早くお棺に入れるなんて・・・・・


s-DSC06649.jpg
庭で採れたスナップエンドウや、お薬の関係で食べれなかった納豆
母が生前大好きだったものを集めてお供えしました。

お供え物は金属やプラスチック以外は
お棺の中に入れることができるので、日を追うごとに増えていきました。

母の死因その3(覚書)

[遡り日記] 2014年4月28日(月)Ⅱ

母の死因がハッキリしないし、
その内科の女医さんも、「解剖しますか?」と聞いてきたので
もし遺伝性のある悪い病気だったら残された者が困ると思い
その場では、「はい」と返事しました。

少し経って解剖に詳しい先生からのお話で
内臓を全部取って、代わりに何か詰め物するとか?
解剖結果は、TVドラマのように早くわかるのではなくて
早くて半年から一年はかかると聞きました。
半年後に、「はい、このような病状でしたよ」と言われても
母は戻ってくるワケでもないし
いくら泳ぎの上手な母でも三途の川を渡るとき、
内臓がないとウマく泳げないんじゃないかと思って取りやめました。
始めの女医さん、もう少しキチンと話して欲しかったな!と思いました。

で、解剖がなくなったので
私は直ぐに家に連れて帰ることができると思っていた矢先
今度は、病院に運ばれてから24時間以内で亡くなってしまうと
事件性があるかもしれないということで検視が入ると言われました。

事件だなんて・・・ある訳ないじゃん!
と言っても、例えば
お世話疲れで私が母を救急車に乗せる前に腹部を殴ったとか?
それも救急車を呼んだのが、埼玉県の自宅なので
埼玉県警を今から呼ばなくてはならないと言われました。
どれだけ疑うのさ!
疑うなら、昨日私と別れて5時間の間にどんな処置をされて
どんな風に様態が急変したのか聞きたいもんだと思いました。

やっと埼玉県警が到着して、長々と事情徴収された挙句
埼 「現場検証をしたいので、ご自宅に戻っていただけますか?」
私 「母をココに残してですか?」
埼 「はい、事件性は無い事はわかりますが私達も仕事なもので」
言い方こそ丁重ですが、拒むことができない気迫がありました。

息子を病院に残して、泣く泣くパパと一緒に家に戻りました。
家では先に帰ってもらった娘とメロンパさんが
リビングを綺麗に掃除してくれていました。

埼玉県警が来て、現場検証です。
救急車を呼ぶ前の、台所であった事を説明して
県警の2人が、母と私になって何枚も写真を撮っていました。

その他に母が使っていた携帯と、
生命保険証書・預金通帳を出すように言われ、並べて写真撮っていました。
間取りも知りたいと、各部屋を全部見せました。

以上で、事件ではなかったと女医さんに連絡し
女医さんは、【死体検案書】を書く訳です。
死体検案書の直接死因欄には、“消化管出血”とありました。
(消化管って、どこのよ?)
(そんないい加減な死因でいいの?)
(消化管が出血すると死んじゃうんだ~)
腑に落ちないまま・・・・・

それでも、やっと母を連れて帰ることになり、
アルファクラブ武蔵野に頼んでおいたので、息子と一緒に戻りました。

家に帰ってきた母は、アゴの下にバンドエイドがあるものの
とても穏やかな顔をしていたので、少しだけホッとした私です。
この後は、葬儀のことなどを書きたいと思います。

母の死因その2(覚書)

[遡り日記] 2014年4月28日(月)Ⅰ

母を柏の病院に入院させて別れたのが夜中の3時でした。
助手席にはパパと寿羅、
高速道路を使って家に戻り、寝たのが午前4時のこと。
なかなか寝付けませんでしたが、
いつの間にか寝たようで、iPhoneの呼び出し音で目が覚めました。

時間を見ると、7:58am 病院からでした。

病 「朝方、容態が急変しました。
   ご本人は延命措置に対して、どのように言ってましたか?」

(ちょっと待って!いったい何なのよ!)
 朝一の電話で気が動転する私。

私 「本人はしないでほしい、と言ってましたが私はやってほしいです」
病 「ご家族も同意してますか?」
私 「主人と相談してみます。」
(危篤なんですか?とか聞けば良かったかと後で思った)
病 「電気ショックはしてみますけど、とにかく早く来てください」

直ぐにパパに電話して、娘にも直ぐ病院へ行くように連絡して
寿羅が一人になってしまうので、メロンパさんに来てもらい
会社にいる息子を拾って病院へ向かいました。

8:50am 柏駅近くで再び病院から電話あり
「もうすぐ着くから」と返事。

9:00am 集中治療室に到着しても母に会わせてくれないんです。
こっちは直ぐにでも会いたいのに。
昨日の内科の女医さんが、
ヘンに冷静そうに話し出すのが、すご~くシャクに障った私でした。

女医 「朝方、容体が急変しまして今は人工呼吸器を取り付けて
    心臓マッサージをしているところです。
    貧血の数値が低く、私がもっと早く輸血をすれば・・・」

(輸血をすれば助かったの?母に何があったの?)
涙が止まらなくて、何を話していいかわからなくて泣くばかりの私。

30分ぐらい経ったころ
女医 「30分以上経ったので心臓蘇生を止める事ができます」
私  「続けてくださいよ!早く母に会わせて!」
女医 「これ以上続けますと胸の骨が折れて可哀想になります」
私  「もう生き返らないって事ですか?」
女医 「そうですね」

とにかく顔を見たくて同意してしまいました。
人工呼吸器を外して、午前9時56分 合掌

手を振って別れてから僅か5時間で、こんな事になるなんて
何が何だかわからない内に母は死んでしまった。
これが夢ならいいのに、と何度思ったことか。

この数値は、母のヘモグロビンの値です。
正常値は12ℓ~15ℓだそうです。

4/10 7.8ℓ 定期健診で採血して入院になってしまった時の数値
4/22 9.4ℓ 入院中、二度の輸血で退院時の数値
4/27 6.5ℓ 救急車で病院に運ばれた時の数値
4/28 4.6ℓ この数値じゃ生きてられないよね

なんでこんなになっちゃったのか
そう言えば、
今回担当の女医さんは一年前に不整脈の件で
安易な見解で危うく大惨事になるかもしれなかった先生かも。
その時のブログ『マルちゃんストラップ』の冒頭に書いた女医さん
救急車で運ばれた時に気づけば・・・・・。

死因がハッキリしないので、と書き始めましたが
ここからマダマダ長いため一旦終わります。

母の死因その1(覚書)

毎日暑いですね
気がつけば、もう8月
母が亡くなってから約3ヶ月経って大分落ち着いてきましたので
忘れないうちに書いておこうと、遡り日記をいてみますね。


[遡り日記] 2014年4月27日(日)~28日(月)

この日は、寿羅の飛行犬としての2回目のフライトの日でした。
いつもだったら母も一緒に幸手のDogRunsWellさんに行くのに
あまり体調が良くなかったのか、
「家で待機する」と言って私を送り出しました。

元気が出るように、朝ご飯は鰻の蒲焼を出しましたが
半分ぐらいしか食べていませんでした。
お昼は、大好きな明太子ご飯にしてみましたが
やはり食べっぷりがよくありません。

午後4時半ごろ、飛行犬の撮影から帰ってきた私に
「寿羅どうだった?」と開口一番に聞いてきたので
「バッチリだったよ!」と答えた私でした。
自分が行けなくて心配していたらしい。

夕飯は、おいなりさんが食べたいというので買いに行くと
お弁当が売ってなくて、仕方ないから揚げの煮たものを買って
酢飯を詰めてあげたら3個、ペロッと食べてくれました。

それから今日あった事など、
何を話していたのか今では思い出せないけど
時計を見たら午後11時、
「明日は月曜日だから早く寝なくちゃ!」って事で
私はエアコン消したり、寝ている寿羅を抱えていたところ
母は、台所で夜中に飲む水を水筒に入れてフタを閉めようとしたら
力が入らないというので閉めにいった矢先
今度は足に力が入らないと、
その場に崩れるように倒れるところを幸いにも私が支えられたので
倒れた時の衝撃が最小限度に抑えられました。
これは只事じゃないと、寝ていたパパを起こして救急車を呼びました。

その間、母は意識もあり弱々しいけど話すこともできました。
間もなく救急車が来て、
隊員の方が血圧を測ってくれましたが正常値だったのを覚えています。
では、ここからどうするか?ってことになって
かかりつけの病院まで連れて行ってくれるそうなのでお願いしました。
そうです、ピンパピの柏の病院です。
救急車が埼玉県から千葉県に行ってくれるなんて初めて知りました。

もう夜中なんで柏から帰って来られないため車で追いかけることに。
パパは晩酌していたので私が寿羅と一緒に高速で行きました。
その事を救急車に乗った母に話すと、「うんうん」と納得の返事。
パパが救急車に乗って柏の病院へ行きました。
その間、血圧は大丈夫そうでしたが不整脈が出ていたらしいです。
一般道路の信号無視の救急車と、高速道路を使った私の車
どちらが早かったかというと、タッチの差で救急車でした。

ココの病院は、かかりつけでなくても救急を断らないのが有名で、
この日も母の前に男性が救急室にいて、入院の手続きをしてました。
母も退院してから5日目なのに、貧血の数値が6.5ℓと異常に低くて
今度は内科で入院することになりました。
入院準備で待っている間にも女性と男性が運ばれて忙しそうで
病室も個室しか空いてなかったので取りあえず個室へ。

この日の救急対応の先生は、内科の女医さんでした。
病室に入って女医さんから、「ご兄弟は何人ですか?」
「9人兄弟の七番目です」など色々質問されて答える母。
先生に診てもらって安心したのか
駐車場で待っているパパと寿羅を心配したり
意識もしっかりしていたので私も帰ることにしました。
TVカードと水のペットボトルを買って
「明日また入院セットを持って来るからねぇ」
と言って何の疑いもなく普通に手を振って別れたのですが・・・・・


書いていると思い出して涙が出てきて先へ進めません。
ここで一旦終わります。

寿羅のカウントダウン

1997年6月28日に生まれた寿羅は、 2016年7月9日に19歳と11日で         ☆お星様になりました☆

プロフィール

makipi

Author:makipi
BLOG
ジュラ♪ジュラ♪へようこそ♪

4才半で我が家に来たジュラは
名前を変えたら可哀そうだから
漢字にして【寿羅】にしました
大きい病気もなくスクスクと
名前のように長寿でした!

本館HP
~風Maの部屋~もヨロシクネ♪

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア