FC2ブログ
X'masとお正月が入り混じった日曜日♪
あと10日もすると、新しい年がやってきます。
師走と書いて、先生も走るという気忙しく面倒な12月の日曜日

昨日の夜中まで考えて、やっと年賀状のデザインが決まり
今日印刷して取りあえず会社の年賀状だけは仕上げようと
ものスゴーク頑張っていた日でした。


パパはと言うと、相変わらず早起きさんで
マイペースにの仕事(掃除機かけ・レンジとの掃除)をこなし
朝ご飯は勿論のこと、お風呂に入って昼前には遊びに出かけました。
これだけやってくれると文句のつけようもありませんから
素直に、「いってらっしゃ~い!」と言うだけのワタシです。


日曜日なので、パパ飯あります。

IMG_4912.jpg

鮭があったので焼いて、ご丁寧にほぐして骨まで取ってくれました。
賞味期限2日過ぎの焼きそば、「大丈夫かな?」と聞くので
「ぜんぜん大丈夫だから~」と言ったら作ってくれました。
でも炭水化物(ご飯)と炭水化物(焼きそば)なんですけど~
イノシシ年も最後なんで、箸置きに使いました。




IMG_2606.jpg

倉庫で探し物をしていたら、こんな可愛い物見つけました。
横8㎝×縦6㎝の台、ボールペンが大きく見えますね。
キティちゃんとツリーなど等
ガラスで出来ていて、とても可愛いクリスマスグッズです。




IMG_2628_201912282344133c2.jpg

可愛いから頂いたXmasの絵柄入りのクッキーとコラージュしました。




IMG_2561.jpg IMG_2562.jpg

こちらは10日前に作った時の、迎春アレンジと
後ろにベンジャミンの木とコラボさせて撮りました。
ベンジャミンには赤いXmasオーナメントを20個付けました。




IMG_2565_20191228234523469.jpg

にあった和風調のハンカチを花器に巻きつけたら
あらステキ




IMG_2563_20191228234522b54.jpg

白梅と紅梅に背景は黄土色に見えますが、金Gold色です。




IMG_2612_201912282345248fe.jpg

本日ストックが枯れてきましたから抜きました。
かなりコンパクトになりました。
後ろはクリスマス、前はお正月ですね。

お正月まで持ちそうにないなぁ・・・ブツブツ。





小林もみじ園の紅葉2019♪
明日から雨が降るというので、「今日しかない!」っと
ご近所の、『小林もみじ園』の紅葉を見に行ってみました。

急に決めたので誰も誘わずに、珍しく一人で行きました。
もみじ園の手前に興禅時があって、そこに大木のスダジイと
ついでに御朱印をもらおうと御朱印帳を持って出かけましたが、
埼玉県 花と緑の振興センター』の駐車場に車を入れてしまい
取りあえず、中に入ってみました。
一人ですと、こういう時はお気楽でいいですね。


IMG_4710_20191216204803453.jpg

花と緑の振興センターは、道路を挟んで広い範囲にあります。
昔は、“見本園”と呼ばれていたそうで
パパの小さい頃は、自転車でコノ辺まで遊びに来ていたそうです。



IMG_4691.jpg

見本園だったから、庭の草木や生垣などの見本があります。



IMG_4694_20191216204800737.jpg

時にはベンチもあって、
この日は暖かかったからチラホラ人が歩いていました。



IMG_4696_20191216204802888.jpg

こちらは冬の代表的な花を咲かせる、椿の植えてある通りです。



IMG_4700.jpg

ツバキ・白太神楽(シロダイカグラ)と言います。
わが家の椿は真っ赤ですが、白いお花を見ると欲しくなりますネェ。



IMG_4706_2019121620484020a.jpg IMG_4705_20191216204838dcf.jpg

IMG_4707_20191216204841203.jpg

とっても可愛い色の寒椿、「なんでウチのは赤なんだろ?」




そして小林もみじ園さん到着。

IMG_4745_2019121620503922f.jpg

小林もみじ園はカエデ・モミジ専門の植木屋さんで、
3000坪の敷地の中に約400種のモミジが植えられています。
ご好意によって一般の方にも開放されているのですよ。



IMG_2404_20191216205035cf8.jpg

園の中心に、小林もみじ園作の“流泉(リュウセン)”があります。
今年は少し早かった感じはありますが、
流泉を見ると、暖冬かどうかわかります。



IMG_4743.jpg

流泉の傘の中に入ってみると、こんな風になっていますよ。



IMG_4716_2019121620503775f.jpg

趣のある郵便ポスト、現在も使っているのかな



IMG_4714_20191216205412550.jpg

紅葉(モミジ)と楓(カエデ)の違い・見分け方は
どちらも科と属が同様である為見た目も非常に似ています。
海外では、どちらもメープルと呼ばれる植物です。
モミジの種類が10数種類ですがカエデは数100種類もあります。
またそれぞれの葉っぱにも違いがあって
モミジは葉の色が紅葉して
突起の数が5から7で切れ込みが深いのが特徴です。
そしてカエデの場合は葉の色は変わりません。
突起の場合がもっと多く切れ込みが浅いのです。
モミジは色付いていく名詞からで
カエデは形状がカエルのてのようである事からと言われています。



IMG_4718.jpg

見上げると、赤と黄色と緑のコントラストがとても綺麗でした。



IMG_4721_201912162054154d3.jpg

IMG_4723_20191216205416eb7.jpg

モミジとカエデのトンネルが見事でした
まだ早いので、落ち葉は全くありませんでした。



IMG_4727_20191216205617a3f.jpg

IMG_4734_2019121620561921b.jpg

IMG_4735.jpg

緑・赤・黄と、それぞれの美しさがあって見ていて飽きないです。



s-IMG_2451.jpg

若い頃は、「紅葉なんて見に行きたい」と思わなかったのに
それなりの年になると、
「綺麗な景色だなぁ」と感動するものなのですね。





初めて、フリーマーケット出店♪
それは遡ること1年前、
こゆたんママさんと獨協大学の文化祭に行きました。
“よしもとお笑いライブ2018”を見て笑いました。
出演者は、和牛・しずる・インポッシブルで前売り700円
お得感タップリでしたよ。
因みに今年は、ミキ・ピスタチオ・2700でしたよ。
「見たかったなぁ!」

それで、お笑いライブを見た後、中庭に行くとフリマやってました。
規模は小さくてアットホームな感じのフリマでした。
「あんな感じなら私たちもやってみようか!」と二人で相談して
後からゴマちゃんママさんも誘って
本日、三人で初めてのフリーマーケットを開くことになりました。


この日のために私は、前にもお知らせしたように
ハンドメイドのピアスとリメ缶を作りました。
ちょっと予定が狂って、リメ缶に多肉が植えられない事になりました。
規定として、食べ物・動物・植物は売ってはいけないことに。
寿羅ちゃんの洋服が、まだまだイッパイあるので売りました。

そして三人で何度も集まって打ち合わせをしましたが
それが又楽しかったりしてネ



出店場所は中庭の芝生の所だったので
遠く離れた入口の写真をパックンママさんからいただきました。

IMG_2214.jpg

               (提供:パックンママさん)



IMG_2216.jpg

お天気が良かったのもあって、
たくさんの人たちが出向いて、出店数は20軒ぐらいですかね
               (提供:パックンママさん)



IMG_2218.jpg

IMG_2231.jpg

寿羅のお洋服は数がたくさんあったため、
数回しか来ていない服や未使用の服もありました。
老若男女の方たちが、足を止めて見たり購入してくれました。
サイズさえ合えば、お得なお値段になっていますからぁ
                (提供:パックンママさん)



IMG_2220_201911171626581f2.jpg

パックンママさん、こんなにたくさん買ってくれました。
ありがと~~~
               (提供:パックンママさん)



IMG_2229.jpg

IMG_4516_20191117163247ae2.jpg

コチラは私たちの売り場の舞台裏になります。
三人でしたから他のお店を見に行ったり
模擬店に買いに行くことができて、とても良かったと思いました。



IMG_4514_201911171632467da.jpg

1区画の大きさは、1.8m×1.8m
1人に付きこの大きさがもらえます。
私たちは三人でしたので3区画もらえますが、2区画にしました。
そうそう、場所代は大学祭内ということもあって無料でした。
しかし2000円以上の値札を付けてはイケナイ規定もありました。



IMG_4520.jpg

学園祭も少し見たいので、早めに店じまいしました。
荷物の移動には、台車とDODのキャリーワゴンを
この日のために(ではなく、孫の運動会のため)購入しました。



IMG_4528_20191117163417079.jpg

フラメンコは毎年見てます。
若くて綺麗で活力をもらえるような気がしました。




午後5時半に、すぐ近くの“フライパン”さんへ

IMG_4539.jpg

見た目は一般の住宅に見えますが、
隠れ家的なレストランというか、ご夫婦で1995年からやっています。



IMG_4531_201911171634184a9.jpg

売り上げが思っていた以上に多かったため
打ち上げは、自腹ではなく売り上げからにしましたヨ



IMG_4533.jpg

飲めない私は、冷凍イチゴの生ジュースが美味しくて
生ジュースのシリーズを何杯も飲みました。
海老とアボカドのミニ春巻も美味しかった



IMG_4534.jpg

天然紅鮭とトマトのマリネ
秋ナスとアスパラの網焼き(画像なし)



IMG_4535.jpg

手作りシューマイ、メチャうま



IMG_4538.jpg

大葉と梅干しの和風パスタ、やばうま



IMG_4537.jpg

〆は、フライパン名物のオムライス
お腹がイッパイでも、これだけは入ってしまいます。
せっかく少し痩せたのに、これでは又戻っちゃうな



初めてのフリマはお仲間に助けられて無事に終わりました。
楽しかったから、来年もやろうかな
売り上げから打ち上げ代を除いた残金は、
まだドコにするか決めていませんが、寄付するつもりです。





茶箱をもらいに・・・♪
洋裁学院の先生が終活するにあたって
昔ながらの茶箱を処分したいそうで、もらいに行くことにしました。

もらった後は、パックンままさんをランチに誘ったら
イタリアンのトラットリア要(カナメ)』さんに予約してくれました。


IMG_1797.jpg

駐車場から見ると、こんもりとカイズカイブキかながあって
その先にお店がチラッと見えました。



IMG_1799_20190930222932aab.jpg

IMG_1798.jpg

お店の入口が個性的なのでを向けていると、
何かの雑誌に載せるためか、本格的なカメラマンさんがいました。



IMG_1803.jpg

中に入ると、私が座ったところからお隣はこんな感じ。



IMG_1804.jpg

四人掛けのテーブルを仕切るボードがステキだったので
本日のランチメニューを頼みました。



IMG_1806.jpg

前菜はこれで、真ん中の2つのパンが可愛い



IMG_1807.jpg

本日のパスタはワタリガニのトマトクリームスパゲッティでした。



IMG_1809.jpg

デザートも大変美味しくいただきました。
これが幸せというものなんですね



IMG_1817_20190930223101b9b.jpg

帰りに入口のドアを知らないと入りづらそうな扉ですね。



IMG_1820.jpg

駐車場にはパンパスグラスが風にゆれて秋っぽかったです。



IMG_1821_201909302231495ee.jpg

そうそう肝心の茶箱の画像を忘れてました
なんだか、とても趣のある入れ物です。



私も人生の最期に向けて、
前向きな気持ちで準備を行いたいなぁと思いましたが
片付けるより、もらってしまうなんて・・・
まだまだ詰めの甘いヤツでした。





親戚とお盆のBBQ(第4回目)♪
太平洋戦争が終わって74回目の8月15日。


では8月15日は、本家に親戚が集まってBBQです。
「バス旅行に行ってきたばかりだから、今年は中止にしたら?」
と言ってみたけど、「皆が楽しみにしているから・・・」
ということで、メンバーは旅行と同じで決行という事に。

本当は柏の稲毛屋精肉店さんのお肉が美味しいのだけど
8月13日から16日までお休みだそうで、
今年も仕方なく、コストコに買い出しに行きました。



IMG_3839.jpg

ウチは焼きオニギリにするためのと、飲み物を用意しました。



IMG_3840.jpg

キッチンで女性陣はサラダや下ごしらえをしていました。



IMG_3845_2019091723022759c.jpg

鶏肉・豚肉・牛肉に野菜もタップリです。



IMG_3849.jpg

キューリのおしんこ、サラダはコーンがいっぱい



IMG_3847-1.jpg

後からもっと美味しいものが出てくるのに、
お腹空いてるから鶏肉にパクつく男子たち。



IMG_3850.jpg

 「これ美味しかったなぁ!」



IMG_3852.jpg

ハマグリはパパがお気に入りで、ひとりで食べていました。



IMG_3855_20190917230333b2e.jpg

海の幸がたくさんある中、焼き枝豆も何気に美味しかった。



IMG_3856-1.jpg

いとこ同士の女4人組、Ruimama(左)が一番若いのだけど
これくらいの歳になると、見分けがつかなくなってしまうね。



IMG_3857-1.jpg

こちらは義兄のユキちゃんとパパ、
年代が近いから話も合って、何やらズッと話していました。



IMG_3859_20190917230426221.jpg

〆は焼きオニギリと、焼きマシュマロですねぇ。



IMG_3862_20190917230428fca.jpg

これが又美味しいのなんのって、飛ぶように売れていました。



バス旅行で散々話尽くしたと思われましたが、
3日後でもワハハオホホと笑いは尽きなくて顎が疲れました





夏の必需品になるかな・・・♪
身に堪える暑さが続いていますから、
今日は、熱中症に気を付けながらお出かけしました。

出かけたのは、お久しぶりの新宿です。
道案内をしてくれたのは、姪っ子のミナちゃんとヨッコちゃん

新宿に着いたら、まずランチから~

IMG_1344_201908031452513b9.jpg

ベーカリー&レストラン沢村 新宿』に入りました。
平日だというのに30分くらい待ちました。
人気なんですねぇ、旧軽井沢のお店もいつも人気のようです。



IMG_1345.jpg

通された席は角席で、こんなオシャレな場所でした。



IMG_1345-1.jpg

先ずは、カンパ~イ
って、私はアイスコーヒーです。



IMG_1347_20190803145255d9d.jpg

IMG_1350_201908031452560f0.jpg

三人でシェアして食べようと、ローストビーフサラダ は、
サラダなのにボリュームがあり、自家製オニオンドレッシングが
リコッタチーズとトマトとバジル ピッツァ と
ラザニア ボローニャ風は、たっぷりのミートソースが




ランチが終わったら、高島屋に行って外商サロンに入りました。
以前から一度入ってみたいと思っていましたが、
ひとりでは入る勇気がなくて、皆と入れば100人リキ。

IMG_1354_2019080314543005a.jpg

IMG_1356_20190803145432cfd.jpg

中はこ~んな感じ、座り心地の良いソファに座りました。
セルフサービスですけど、飲み物は飲み放題でした。




時間がないから外商サロンを出て、目的地の“東急ハンズ”へ
ここは生活雑貨、文具、キッチン用品、DIY等、多彩な商品が並び
一日中見てても飽きないくらい大好きな所です。

IMG_1360_2019080314543390b.jpg

と器が可愛くて、ジ~ッと見てしまいました。



IMG_1361_20190803145434b8f.jpg

IMG_1364_20190803145436c3e.jpg

手前の丸くて黒い鉢の止まり木にいる、カメレオンが可愛くて
下のpic見てたら、「粘土で作れそうだね~」って思ったけど
案外と難しいんじゃないかと思ったり、こんな事だけで楽しいんです。



s-IMG_1402.jpg

このコンパクト扇風機を買ってきました。
白い方は首にかけるので両手が空く為、ボランティア用です。
紺色はカラビナ付きですから、パパ用に買いました。
梅雨が明けた今、
色などが欠品するぐらい、飛ぶように売れているそうですヨ。




「東京さ出てきたからにはアッチもコッチも見てみたい」って事で
夕方のラッシュアワー時間と重なってしまったので
夕飯も食べて帰ることにしました。

IMG_1392.jpg

IMG_1373-1.jpgIMG_1373_20190803145544597.jpg

二度目の、『鼎泰豊(ディンタイフォン)』に行きました。
ココも人気で30分並びました。



IMG_1375.jpg

看板メニューの定番の小龍包



IMG_1377_20190803145721cb1.jpg

「ネギラーメンにチャーハンも美味しかったなぁ!」



IMG_1378.jpg

野菜と豚肉入り餃子も
最後にもう一度、小龍包を注文して食べました。




IMG_1385.jpg

電車に乗る前にに行ったら、
のパウダールームから都庁が見えました。
オリンピックカラーなのかしら




IMG_1390.jpg

に戻ったら、これミナちゃんが送ってくれました。

一万歩近く歩いたのだから疲れるワケだ
でも、ちっとも痩せない
小龍包の食べ過ぎ





小さなお客様♪
週明けの火曜日、昨日から7月がスタートですね。
雨も続いてジメジメの季節がやってきました。

そんな今日の朝、
勝手口の方から鳥の鳴き声が聞こえてきました。
勝手口の扉を開けると、その声はケタタマシクなって
サンダルを履いて声のする方へ行ってみると・・・

IMG_1063_201907192305413a6.jpg IMG_1064.jpg

雀の雛がいました。
少し様子を見ていたら二羽いました。



IMG_1066.jpg

IMG_1067_20190719230545d5e.jpg

親雀とはぐれてしまったのでしょうか



IMG_1070.jpg

IMG_1069_201907192305476de.jpg

羽は雨で濡れているし、黒い扉の向こうは車道です。
どうしたらいいのかわからず、ネットで調べてみたら
へたに触ると人間の匂いが付いてしまい
親鳥が警戒して助けなくなるそうです。
ここはソーッと見守るしかないようとの事。




IMG_1071.jpg

IMG_1072.jpg

しばらくすると、今度は声が台所辺りから聞こえてきました。
さっきの場所よりは少しは安心ですけど
鳴くから、カラスに見つかりはしないかとドキドキしてました。
(雀の雛)は必死に親を呼んでいるのかもしれません。
二羽が重なるようにしていて、とっても可愛かったです。




IMG_1074_201907192308500c1.jpg

午後になると雛たちは奥のカーポートの下にいました。
お昼に戻ってきたパパも気になるらしくて
「どうした?」と何度も電話が掛かってきてました。
「ピヨピヨ」って鳴かなくて、「チヨチヨ」って鳴くので
いつの間にか、「チヨはどうした?」になってました。




IMG_1075.jpg

よく見たら、親鳥がトレリスの上のLEDライトの所にいます。
安全な庭まで雛たちを連れてきたのかもしれません。




IMG_1090.jpg

夕方、雛たちは庭のフキの葉っぱの下に隠れるようにいました。
心なしか、「チヨチヨ」の声も少なくなって
それから夜は全く鳴くこともなく、
闇にまぎれて親鳥と一緒に寝ていたのだろう思います。

2.3日すれば羽も乾いて巣立っていくのではないかと。
“チヨ”という、小さなお客様が来て和んだ一日になりました。





予約して2年待ちのレストラン♪
獨協大学で、一年目から一緒にスペイン語の勉強をしている
Oさんからの情報で、予約して2年待ちのレストランがあると言う。
そこはゴルフの石川遼君の育った、埼玉県松伏町。

もちろん2年待ちを覚悟して電話してくれたパックンママさん
案の定、再来年の2021年1月の予約が一番早くて申し込みました。
ところが人数が二人ってこともあってか、
どうやらキャンセル待ちで潜り込めそうとの事。

ということで、ラッキーな事に
本日、連絡を入れてから二週間で行けることになりました



美味しいものを食べに行く時でも、休日なのでパパ飯ありますが
控えめにを握ってくれました。
隣りは新生姜をスライスして蜂蜜に漬けたものをもらいました。

IMG_2975_20190707223236093.jpg

の時は、いつもの箸置きですね。





IMG_3023_20190707223239649.jpg

コチラが予約して二年待ちの『旬菜ダイニング山歩(サンポ)』さんです。
埼玉県の松伏町(マツブシマチ)築比地(ツキヒジ)という
makipi市から見たらスゴ~ク田舎の方ですが、
で30分で行けます(makipi市も田舎だから



IMG_2976_201907072243222c0.jpg

席に通されると、テーブルの真ん中にコレがありました。
5.6㎝四方の可愛い竹細工です(私はこういうの大好きデス



IMG_2979_20190707224324ee2.jpg

先ず最初に出てきたのは、無農薬の杜仲茶です。
山歩さんのコンセプトは無農薬です。
薄ピンクの飲み物は、
お庭のヤマモモを使った自家製果実酒がきました。
果実酒といってもノンアルコールなので安心との事です。
先付は、嶺岡豆腐(ミネオカトウフ)です。
江戸時代の将軍吉宗の頃から伝わる伝統的な料理で、
牛乳を使って葛粉でよせた豆腐のことを言うそうです。
スプーンですくうと、ねっとりしてプルンとした感触ですが
口に入れると、とろけました



IMG_2981.jpg

前菜は4品の季節の盛り合わせです。
葉っぱの上に乗っているのはウドが入った寿司飯に
ミョウガの酢漬けに白ゴマが乗っている一口寿司です。
その上は水フキ、オカヒジキ、サヤエンドウを
ヌタにして黒ゴマをかけたものです。
隣りは山芋と海老とシメジ入り、
葱をス揚げしてポン酢で和えてあります。
その下のスプーンには、トマトをレモンでくぐらせたもの
ガーリックトーストのブルスケッタ添えになります。



IMG_2983_20190707224326c37.jpg

ポタージュは、カボチャと人参の冷製仕立てになってます。



IMG_2985_2019070722432799c.jpg

続いて自家製ドレッシングのかかったサラダと
鰆をパン粉と一緒に焼いて、赤いソースはビーツの色です。
バルサミコ酢を煮詰めたソースも、色合いが綺麗ですね。
鰆は皮目は香ばしくて、中はフワッと美味しくいただきました。



IMG_2986_201907072244522a5.jpg

IMG_2987_20190707224454da4.jpg

デザートの前のお食事の締めは、あんかけ揚げおにぎり。
揚げご飯に土佐鰹と北海道の真昆布の出汁のあんが
かかっていて、カラシが乗っていて熱々をいただきます。



IMG_2992.jpg

IMG_2993_20190707224457f7b.jpg

デザートを食べる頃になると、
窓側のお客さんが帰ってしまったので、「窓側へどうぞ!」って
移動してお庭を見ると、奥には竹林が・・・
秋の頃には、筍ご飯が食べれるそうです。
夏の涼を呼ぶ、アオギリの木も見えました。



IMG_2989_20190707224454704.jpg

デザートは、自家製大葉のアイスにチョコレートケーキとゼリー寄せ。
大葉のシャーベット初めて食べましたが、サッパリ感の程よい甘さ
に大葉が、こぼれ種からたくさんあるので作れないかしら
な~んて思いながら、あっという間に完食してしまいました。



IMG_2996_20190707224626814.jpg

さっきまで座っていた場所です。
玄関から入って、少し小上がりした所です。



IMG_3005.jpg

IMG_3000.jpg

IMG_3003_20190707224628abe.jpg

他のテーブルにも私の好みの竹細工がありました。



IMG_3006_20190707224631179.jpg

玄関脇にはこんなステキな一輪挿しがあったので購入。
さて、どの柄を選んだのでしょうか(春になったらわかりますヨ



IMG_3015_201907072247494da.jpg

緑深い景色の中でおしゃべりに興じていたら、
私たちだけになってしまい、慌てて会計を済ませようとすると
「3時まで、ごゆっくりしていても全然かまいませんよ~」
「紫陽花の前で、お写真お撮りしましょうか?」
ということで、紫陽花をバックに何枚も撮ってくださいました。



IMG_3016_20190707224751f86.jpg

こちらは山歩さん前の畑にある1本のヤマモモの木です。
自家製ヤマモモ酒を持ってきてくれたオーナーさんのお父様が
「帰りに是非ヤマモモの木を見ていってくださいね」と言っていたので
ヤマモモの木はドコかなと探しました。
何しろ庭の周りは畑が広がっていて、
お腹も心も満たされて、ゆったりと時間が流れているようでした。



IMG_3024_20190707224752ff4.jpg

古民家を改装した部屋の雰囲気はとても良く、
自家栽培で収穫した新鮮な野菜や自家製の味噌なども使って
創意工夫のある素敵な料理の数々、優雅で贅沢な時間でした。




IMG_3026_20190707224753bd9.jpg

おまけ:帰り道にトマト屋さん発見勿論買って帰りました。





テレビで放映していたので・・・♪
朝起きると、早起きのパパが待ち構えたように
「久伊豆神社の藤が綺麗なんだって近いから行ってみるか?」
テーブルには朝ご飯が作ってあって、
ワタシが起きて来るのを待っていたらしくて
洋服の整理もウンザリしていたから行くことにしました。


IMG_2559_20190616135553ff3.jpg

越谷市の『久伊豆神社(ヒサイズジンジャ)』です。
第三鳥居附近に藤棚がありました。



IMG_2566_20190616135554f17.jpg

IMG_2602_20190616135556fa9.jpg

これが朝パパがテレビで見た藤らしい。
国学者の平田篤胤(ヒラタアツタネ)氏の遺愛の藤で
樹齢200余年と立て看板に書かれていました。



IMG_2590_20190616135721858.jpg

藤棚の前には池があって、一周ぐるっと回ることができます。



IMG_2580_20190616135718122.jpg

IMG_2581_20190616135719b8f.jpg

池には亀と鯉がいて仲良しさんの様子でした。



IMG_2586_2019061613572013e.jpg

池に小さな島があって沢山のが日向ぼっこしていました。



IMG_2608_20190616135922e0a.jpg

IMG_2605_201906161359201ed.jpg

拝殿にお参りしてから、
御朱印をいただこうと祈願受付所に入ったらコチラのが。
が多いのは何か由来でもあるのでしょうね。



IMG_2609_20190616135923ecf.jpg

IMG_2612.jpg

表参道を通って、駐車場に戻りました。




パパと行くのはいいけれど、パパッと見てハイ終わり
余韻に浸る暇もなく短時間で終わってしまいます
時間が余ったので近くの『花田苑(ハナダエン)』に行くことにしました。

IMG_2655.jpg

とても素敵な所ですが、ワンコと一緒に入れなくてね。



IMG_2621_20190616140101bd2.jpg

IMG_2622.jpg

日本文化の伝統を備えた廻遊式池泉庭園が広がっています。



IMG_2633.jpg

IMG_2635_201906161401370b5.jpg

趣のある木橋などを渡って一周しました。



IMG_2645.jpg

ココにも短いけど藤棚がありました。



IMG_2650_2019061614014196a.jpg

IMG_2647_201906161401407e9.jpg

埼玉県で唯一の屋外能舞台がある、
こしがや能楽堂が隣接していて茶室などもあります。




そして最後に春日部の花友達に聞いた鰻屋さんへ

IMG_2657.jpg

和食と名代うなぎの新見世』は花田苑から10分あまり。



IMG_2660_20190616140253de9.jpg

パパはもうノドが渇いてが飲みたくて、飲みたくて
おつまみに焼きそら豆頼みました。



IMG_2658.jpg

IMG_2661.jpg

真ん中のを注文しましたが、お値段の割には小ぶりだったかな
美味しくいただいてに戻りました。





行ってみたかった所♪
昨日、平成最後は洋裁学院に行ってきました。
そして5月1日、今日から令和の時代が始まりました。


前にブログに書いたかと思いますが
連休明けに、リビングと寝室のエアコンの取り付けがある為
リビングはともかくとしても、寝室を大掃除しなければなりません。
折角の楽しい連休が、
何十年も片付けられない人になっていたから、もう大変です。
28日29日と二日間かけてやりましたが思うようには進まず
この分でいくと5日6日も返上して、やる事になりそうです。


そんな連休中に一日だけ出かけようとしてました。
今日は天気予報によると、天気が悪いと聞いていましたが
朝からドンドンよくなってきたので、急きょ出かけることにしました。

どこかと言うと、
和と洋が調和する大正の庭、『旧古河庭園』です。

IMG_2415.jpg

いつもはですけど今日はです。
JR京浜東北線、上中里駅(カミナカザト)を下車して徒歩7分で到着。



IMG_2417.jpg

石造りの洋館(大谷美術館)が迎えてくれました。



IMG_2423.jpg

IMG_2427.jpg

洋風庭園に植えられたバラはマダマダでしたが、
ツツジがチラホラ、異国情緒な感じがステキでした。



IMG_2436_20190604192604e2c.jpg

これは、黒ボクの石積みで
富士山の溶岩で多孔質で軽く加工もしやすく、山の雰囲気が
出るため、主に関東で石組として用いられることが多く
石垣状のものは珍しいそうです。



IMG_2454.jpg

IMG_2466_20190604192730633.jpg

洋風庭園は人が多いので日本庭園へ
とにかく雪見灯篭が多く、周囲の緑に映えて風情があって



IMG_2464_201906041927293ad.jpg

ここは大滝です。
今でも井戸水を水源にしているそうです。



IMG_2460_20190604192728526.jpg

崩石積(クズレイシヅミ) 石を垂直に積む方法は数あるが、
これは京都で発達した伝統的な工法である。
石と石が噛み合って崩れそうで崩れない姿が美しいとされる。
当庭園においても小川治平兵衛の力作となっていると、
看板に書いてありました。



IMG_2467.jpg

IMG_2474.jpg

一周廻って戻ってきて、旧古河庭園を出ました。


目の前のバス停から都バスに乗って、
王子駅に向かい素朴な中華屋さんでお昼ご飯を食べました。
王子駅からタクシーに乗って、『六義園(リクギエン)』に行きました。


六義園は五代将軍・徳川綱吉の信任が厚かった柳沢吉保が
1702年に築園した和歌の趣味を基調とする大名庭園です。

明治時代に入って、三菱の創業者である岩崎彌太郎の
別邸となりました。1938年に岩崎家より東京市(都)に寄与され
1953年に国の特別名勝に指定された貴重な文化財です。


IMG_2479.jpg

この染井門は、通常は閉門しているそうですが連休中は開門。



IMG_2485_20190604194715620.jpg

ならば、正門を見てみたいと行ってみましたヨ。



IMG_2497_201906041947169b1.jpg

これは、内庭大門です。



IMG_2502.jpg

IMG_2506_20190604194718713.jpg

内庭大門をくぐると、
目の前に枝垂れ桜の大木が飛び込んできます。
この枝垂れ桜付近に、
岩崎家の“御殿”と呼ばれる邸があったそうです。



IMG_2512_201906041948227ca.jpg

大泉水を挟んで奥の方に、ツツジが咲いているのが見えました。



IMG_2520.jpg

池に浮かぶアーチ型の岩島が蓬莱島です。
日本庭園では古くから不老長寿を願って造られました。
1702年の作庭当時にはなく、明治時代になって
岩崎家によって造られたものといわれています。



中でもツツジが綺麗に咲いている所があって
“吹上茶屋”で、お抹茶とお菓子でほっこりすることにしました。

IMG_2533.jpg

IMG_2535_20190604194939353.jpg

IMG_2537.jpg

庭園を見ながらお抹茶を飲んでいると、
お隣に外人さん(女性)が座りました。
聞けば、フランスのパリから一人で旅行中との事。
残念ながらの方でなかったけど、とても日本語がお上手でした。



IMG_2542.jpg

明治年間にツツジの古木材を用いて建てられたものです。
モミジの紅葉の頃は、それは見事だそうです。



IMG_2545.jpg

このアーチ型の山陰橋は、
紅葉シーズンになると(撮影の為の)順番待ちが出来るそうです。




さて六義園を後に最後に向かったのは
おばあちゃんの原宿、巣鴨地蔵通り商店街です。

IMG_2550.jpg

初めての巣鴨地蔵通り商店街、ドキドキワクワクでした。



IMG_2553.jpg

もちろん高岩寺(とげぬき地蔵)にも行ってきましたヨ。



IMG_2554_20190604195101656.jpg

帰りに昔パパのお父さんとお母さんが、
巣鴨に行くと必ず買ってきてくれた福々まんじゅう(中華饅)
お店は縮小され代も変わったそうですが、まだありました。



IMG_2555.jpg

福々まんじゅう、期待してたほど美味しくなかった(残念)
茶舗山年園の、菊いも粉・紅茶を5種類
名物の塩大福、八百屋さんでマスクメロンの子メロン
ぬか漬けにすると美味しいと言われました(珍しかったので)



IMG_2556.jpg

高岩寺で御朱印いただいてきました。
平成の隣りに令和元年五月一日、なんだか嬉しい私でした。




寿羅のカウントダウン
1997年6月28日に生まれた寿羅は、 2016年7月9日に19歳と11日で         ☆お星様になりました☆
プロフィール

makipi

Author:makipi
BLOG
ジュラ♪ジュラ♪へようこそ♪

4才半で我が家に来たジュラは
名前を変えたら可哀そうだから
漢字にして【寿羅】にしました
大きい病気もなくスクスクと
名前のように長寿でした!

本館HP
~風Maの部屋~もヨロシクネ♪

最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア