fc2ブログ

日立おさかなセンターに行ってきました♪

土日を除いて、毎日6時50分に目覚ましをセットしておいて
ベッドの上で、約5分ほどの簡単な体操をしたあとは
30分ぐらいは携帯を見ながらグダグダしてから起きます。

日曜日の今日もベッドで携帯を見ているとパパが、
「今日はドコかに行かないの?」
「行かない予定だけど!?」
しばらくすると、リビングから掃除機の音がして
終わったら、また「掃除もみんな終わったよ~」と。

もう行くしかありません
急いで検索して、御朱印ももらえそうな神社もあることから
茨城県、道の駅『日立おさかなセンター』になりました。

日立に近づくに従ってドンドンお天気が良くなって
一日中曇り空かと思ったから日傘を置いてきてしまいました


IMG_8563.jpg

日立おさかなセンター到着。
浜焼きを目当てに行ったのに、そこだけお休みでした。




11時の開店を待って、お寿司屋さんに入りました
カウンターには本物の職人さんが4人もいましたよ
いつも行く、廻るお寿司屋さんとはチョット違いますね

IMG_8561.jpg

IMG_7057.jpg

パパは、まぐろづくし定食を注文
「マグロの切り身の厚さが二倍ある」といってビックリしてました。
お味もモチロン二倍、いや三倍美味しかったようです。




IMG_7056_20211011200657fb6.jpg

私はサーモンイクラ親子丼を頼みました。
サーモンがマグロのようにトロ~リ脂がのって
イクラは小粒ながら味が濃くて、お土産に買いたくなるほどでした。





お腹もいっぱいになったので、お土産は帰りに寄ろうと
大甕(オオミカ)神社』に向かいました。
大甕の[みか]っていう字が難しいのなんのって

IMG_8567.jpg

IMG_8569.jpg

大甕神社の境内は広く、風神山ハイキングロードまであります。
コチラは裏の拝殿側で、お参りしてから奥へ奥へと進みました。




IMG_8570.jpg

国道6号線添いには、りっぱな大鳥居もありました。




IMG_8571.jpg

宿魂石(シュクコンセキ)岩山全体を宿魂石といいます。
この岩群は日本最古といわれるカンブリア紀層の地層です。




IMG_8572.jpg

本殿に行くには、この急な参道を登らなくてはなりません。




IMG_8573.jpg

途中に、[結界石(ケッカイセキ)]別称[縁切石(エンキリイシ)]がありまして
 現世の悪しき縁を絶ちきります。
 貴方の開運招福を願い潜って下さい。
また
 現在の生活に満足しておられる方は、潜ってはいけません。

どうしたと思いますか
モチロン潜らないで先を急ぎました。 




IMG_8575_20211011201438b39.jpg

後ろを振り返ると、結界石が見えますネ。




IMG_8581.jpg

岩だらけの先にあるのが本殿になります。
お参りして慎重に降りてくるパパでした。

今来た道を戻らないで先に進むと、
クサリを使って降りる、もっと急な参道もありましたが
ここへ来てケガでもしたら元も子もないので素直に戻りました。





IMG_8583.jpg

海の道路から内陸に入ると閑静な森の中に『泉神社』はありました。



IMG_8584.jpg

奥に御朱印をいただく社務所、手前にはご神木がありました。
 神霊の依給える神聖視されている象徴的な樹木である。
このご神木は杉の木に桜が根付いた宿り木であるが、昭和の初めに
落雷により大きな損傷を受けた。表皮に現れた玉杢(タマモク)も
見事で貴重なものであり、風雨を避けて温存している。
     樹齢 推定450年   - 平成9年10月吉日之建 -




IMG_8593.jpg

こちらが拝殿になります。



IMG_8585.jpg


拝殿の脇道から下へ降りると、清水が湧き出る泉ありました。



IMG_8588.jpg

湧き水に囲まれた厳島神社の祠です。
この泉の周辺と神域の緑樹の美しい森一体を
泉が森と称しているそうです。



IMG_8591.jpg

エメラルドグリーンに輝く神秘のパワースポットです。
小さな神社ですけど、次から次へと拝観者がやってきていました。





どうしても浜焼きが頭から離れないパパは、
あかつ水産の本店に行きましたが、浜焼きはやってなかったので
本蛤と大きな海老(塩焼きにしたら美味しいのなんのって)
茨城在来大豆で作られた豆腐 小玉スイカ 
ちびトウモロコシ5本(甘かったー)
なぜかハムカツ(パパが好きなんです)以上を買って帰りました。





そして海が見たくて、日立港へ

IMG_8605.jpg

IMG_8606.jpg

太平洋ですよ~。




IMG_8598_20211011201919e39.jpg

IMG_8601.jpg

ワンコ連れもいて楽しそうでした。




IMG_8602.jpg

左に見えるのは、久慈浜の緑の古房地鼻に立つ日立の灯台です。





常磐自動車道の帰りに守谷SAパサールで、
ゆめかおり食パン(350円)買いました。
それが持ってみると重い食パンでした。
なぜだろう明日の朝食べてみますね。

毎回ドタバタで出かけるわりには結果オーライのことが多いです。






寿羅、5年と3回目の月命日♪

今日は、寿羅の六十三回目の月命日です。


IMG_7035.jpg

いつものように生花でもフェイクでも、
お花が多いのが寿羅ちゃんのお仏壇になってます。




IMG_7031_20211010203423e74.jpg

IMG_7037_20211010203650cc0.jpg   IMG_7036.jpg

嬉しいことに前から欲しかったリザーブドフラワー 天使を
みいさんが寿羅の月命日にと、前日に送ってくれました。
左側のように、
花びらの端が濃くて中心が薄いグラデーションを選んでくれたのに
肝心のお花は後ろ側にあるため見えにくくなっていましたが
ステキなことは間違いないですからネ
ありがとうございました。




IMG_7027.jpg

オータムカラーにしてみたフェイクの花束です。




IMG_7030.jpg

ガラスドームつながりで、
以前メルメルさんからもらったアロマストーンを中に入れました。
これでホコリが付かなくて安心してお供えすることができます。
そうそう、写真立ても新しくしましたよ
笑顔がCuteな寿羅ちゃんの写真を入れました。




IMG_7026_20211010203419fde.jpg

花瓶の中はコスモスやススキ、カナメモチにケイトウを入れました。
秋ですねぇ。。。






[遡り]東京十社巡り編(2)♪

26日の日曜日に、お日よりも良く庭のお手入れをした私でしたが
実は当日、お風呂に入ったら右脇腹の辺りが痒くて
ボリボリ掻いていたら、15㎝ほどの真っ赤な半月になり
その周りもポツポツ湿疹が、みるみるうちに上半身の前と後ろ
両腕の曲がるところも痒くて真っ赤か
お風呂から上がったときには痒みがMAXになりました。

慌てて液体ムヒを塗りましたが、その夜は痒くて眠れませんでした。
朝一で皮フ科に行ったら、
この時期はチャドクガに刺された人が、たくさん来院するそうです。
その中でも私の症状は、「ピカイチ凄いですよ。」と言われました。
3種類の飲み薬と、2種類の塗り薬をもらってきました。

背中は自分では塗れないので、
こんな時は、「一人暮らしでなくて良かった~。」と思いました。
パパがいなかったら、隣町の娘の所で塗ってもらわなくちゃね

今は大分湿疹も薄くなってきましたが、
まだ痒みはあるので夜中に無意識に掻いてしまっています。

長年庭の手入れをしていて、初めての事だったためビックリでした。
皆さんもチャドクガには気をつけてガーデニングをお楽しみくださいネ。




遡り、[2021年5月17日(月曜日)の事です。]

間が空いて忘れてしまっていることもたくさんありますけど
できるだけ忠実に書いていこうと思っています。


昨年の10月にパパの喉の通りが悪くなって・・・
食道は取り除いて、胃を引っ張って食道代わりにしてるから
新食道さんだって、まだ慣れてないのでは
二回ほど、喉を拡張手術したのと
今年に入って、大腸ガンの検査をして小さなポリープがあったので
日帰り手術をしたため、
今日は、保険会社に提出する診断書を受け取りに行きました。


折角お茶の水まで出たから、一社だけ東京十社巡りに行くことに。
場所は、『品川神社』です。

私は小学1年生から4年生まで、品川小学校に通っていた為
クラスメイトに品川神社の宮司さんの息子がおりました。
おそらく今は宮司さんになっていると思いますが
それを確認することは、今回はできませんでしたが・・・。


品川神社』へ

IMG_7941.jpg

神社の出入り口は、第一京浜国道に面しています。



IMG_7940.jpg

鳥居の柱に巻き付いているのは、「昇り龍」と「下り龍」です。
このように龍が巻き付いた石造りの鳥居は非常に珍しいらしく、
東京には、三ヶ所しか存在しないと言われています。
「品川神社」 「馬橋稲荷神社」 「高円寺境内稲荷社」
「東京三鳥居」と呼ばれて、「双龍鳥居」と言うそうです。



IMG_7917_202109121957316eb.jpg

IMG_7930_20210912195732f13.jpg

階段を上る途中の左側に富士塚があります。
ココは、東京都内最大級となる富士塚です。
品川富士と呼ばれていて、明治二年(1869年)に築造。
その後、大正十一年(1922年)に現在の場所に移築されました。



IMG_7934.jpg

登山道が、とても細いので登拝の際は注意が必要です。



s-IMG_7937.jpg

山頂は、京浜急行も見下ろせて見晴らしが良かったです。



IMG_7919.jpg

s-IMG_7919-1.jpg

こちらが色も綺麗な拝殿です。
4ヶ所に「丸に三つ葉葵」の御紋、左右に振ら下がっている提灯にも。
江戸時代において、これ以上の箔はないとの事です。



IMG_7923_202109121959035f0.jpg

IMG_7925_202109121959046ca.jpg

拝殿のすぐ横に、赤い鳥居が建ち並んでいました。
金運のパワースポットの「阿那稲荷神社」です。
上社は「天の恵みの霊」をお祀りし、
下社は「地の恵みの霊」「御神水」をお祀りしています。



IMG_7926.jpg

IMG_7928.jpg

下社の「御神水」が「一粒萬倍の御神水」と呼ばれています。



品川神社から北品川駅に向かって行き、脇道に入ります。

IMG_7943.jpg

右手側が元住んでいた場所で、今は舗装されていますが
花こう岩の階段で、下から上がってくるのが大変でした。



IMG_7944_20210912200038602.jpg

直ぐそばに郵政宿舎があって、仲の良い友達がいたので
よく、「ゆうせいに遊びに行ってくるね」と言って遊びに行きました。
東芝や横浜ゴムの宿舎もあって、その友達とも遊んだものです。




IMG_7945_20210912200351d17.jpg

IMG_7946.jpg

ついでに、『芝大神宮(シバダイジングウ)』にも寄ってきました。



IMG_7948.jpg

[有形民俗文化財の芝大神宮の力石]
 力石は重い石を持ち上げて「力競べ」や「曲持ち」を行った際に
使用した石である。特に、江戸時代後期の文化・文政期には、
職業的な力持ち力士による興業がおこなわれるようになった。
 芝大神宮の力石は、「五十貫余」の切付とともに、
「川口町 金杉藤吉」の名前がある。これは、明治時代に活躍した
有名な力持ち力士のひとり、芝金杉川口町の山口藤吉、
通称「金杉の藤吉」のことである。芝大神宮で力持ちの興業が行わ
れた時、金杉の藤吉がこの石を片手で差し上げたと伝えられている。
 港区内には、全部で14点の力石が確認されているが、こうした
力持ち力士の伝承がともなっているのは、この芝大神宮の力石
のみであり、都市の力石の民俗を知る資料として貴重なものである。
  平成7年9月26日          東京都港区教育委員会



そして帰路へ

IMG_7950.jpg

東京タワー辺りで、少し雨が降ってきました。




IMG_7952.jpg

IMG_7953.jpg

東京駅前を通り




IMG_7954_20210912200455ae5.jpg

自宅近くになったら、きれいな虹が出ていました。




“東京十社巡拝記念の10社とは下記”◎が行った所

◎根津神社(根津権現)
◎白山神社
◎王子神社(王子権現)
◎亀戸天神社(亀戸天満宮)
◎富岡八幡宮(深川八幡)
◎品川神社
◎芝大神宮(芝明神さま)
 日枝神社(山王さま)
 氷川神社(氷川明神)
 神田神社(神田明神)






庭木をサッパリさせました♪

日曜日になると、「どこか行こうか!」と言うパパに
何とかして思いとどまってもらおうと、
今日は、「庭木の剪定をしようよ!」と言いました。
剪定好きのパパは喜んで賛成
運良く気温も低く、庭仕事をするにはうってつけの日和になりました。


あっ最近日曜日の“パパ飯”の掲載がないのは、
実は日曜日だけでなくて
毎日がパパ飯になってしまったため載せなくなっていました。
たま~に私が腕を振る舞う毎日になって、とても楽になりました。
ただし毎日の献立は私が考えるため
レパートリーの少ないパパ飯の中で考えるので大変は大変ですけど
後片付けまでやってくれるので、
「アリガタイ」という気持ちをもって日々暮らしています。



前置きが長くなりましたネ。
先ずは、剪定前から

IMG_8549.jpg

右側の縦に長い木は、キンモクセイ
その隣はモミジ、モミジとくっついてしまった丸い椿の木
その又隣はツゲの木、ツゲの木の前はツツジの丸が三つ



IMG_8557.jpg

キンモクセイは、よりスリムに
モミジは半分ほどになって、椿の木はスカスカに。
ツゲの木など、まん丸に剪定しました。



IMG_8554.jpg

ドウダンツツジは少しハゲてしまいました。
ジューンベリーも強剪定(来年は実が付かないかも)
写ってないけど、ピラカンサの徒長枝もバシバシ切りました。
枝を入れる70ℓの大きなゴミ袋が7つも出来上がりました。



IMG_8560.jpg

そうそう、RUIっちが7年間飼っていたデグーのコテツが虹の橋へ
昨日ママと一緒に穴掘って、お墓を作ってあげてました。




今の季節はサルスベリくらいしか花が咲いてないと思ってましたが
庭を見回したら、意外と小さな花がいくつも咲いていましたヨ。

IMG_6946_20210927110133687.jpg

IMG_6945ランタネ

黄色の花は、斑入りの葉っぱが可愛いランタナ



IMG_6949シュウメイキク

シソに押されて、いま頃咲き始めたピンクのシュウメイギク



IMG_6962イヌサフラン-コルチカム

花だけヒョッコリのイヌサフランまたはコルチカム



IMG_6958ハクチョウゲ

6.7㎜の小さな花、ハクチョウゲ



IMG_6963ベゴニアセンパフローレンス


ベゴニア-セントフローレンス



IMG_6960カリブラコア

切り戻したばかりだったので、一つだけ咲いていたカリブアコア



IMG_6956ブラキカム姫秋桜

1㎝弱のブラキカムまたは姫秋桜は好きな花です。



IMG_6954ニラの花

これもまた小さな花の集まり、ニラの花です。



IMG_6950ピラカンサ

少し色づいたピラカンサの実



IMG_6953コムラサキ

IMG_6952シロシキブ

今年は生り年のコムラサキ又はムラサキシキブとシロシキブ



IMG_6894.jpg

庭のムラサキシキブとシロシキブが綺麗に実を付けていたので
道の駅で購入したカゴに入れました。
このカゴのタグに「あけび一輪差し宗全」と書いてあった為
「宗全」で調べると、あけび蔓でないですが高額で出ていました。
間口が広いので一輪差しっぽくないけど、
100円ですからねおまけにレース生地付けてお猪口ももらいました。
売ってた人、持って帰りたくなかったようで「水で洗って使ってね」と。
お水で洗ったら中々良い感じのツヤになりました
実ものだけでは寂しそうだったので、一坪農園のニラの花を入れました






[遡り]東京十社巡り編(1)♪

遡り、[2021年4月26日(月曜日)の事です。]


今日もパパの通院日でした。
検査結果も良好なので、午後から御朱印をもらいに行きました。

先ず季節柄、
「まだツツジが咲いているかな?」と『根津神社』へ

IMG_7842.jpg

ココへは、2007年5月3日今から14年前の母も寿羅も健在だった頃
一緒に来ています。『根津神社のツツジまつり』 寿羅10歳でした。



IMG_7837.jpg

ツツジは終わりかけ、かろうじて咲いている感じでした。




s-IMG_7816.jpg

右手の看板、徳川家宣公胞衣塚がありました。



IMG_7824_202109042036376ce.jpg

IMG_7825.jpg

千本鳥居をくぐった先には、乙女稲荷神社があります。



IMG_7812.jpg

根津神社は、古く駒込千駄木に鎮座。現在の社殿等7棟は、
宝永三年五代将軍徳川綱吉が奉建遷座したもので、
国の重要文化財に指定されている。
境内は六代将軍家宣誕生の屋敷跡、
名高いツツジは父綱重が庭に植えたのが、その起こりである。

御朱印をいただき、
ふと見ると東京十社巡拝記念のミニ絵馬がにとまりました

IMG_7814.jpg

東京十社とは
明治元年に准勅祭神社として定められ東京を災いから護る10の神社
江戸時代に終止符が打たれ明治天皇は、江戸を東京と改め、
「明治」と改元され江戸城を皇居と定められて、
新しい首都、東京が始まりました。

その眼まぐるしき変革の中に、明治天皇は
東京の鎮護と万民の平安を祈願され、明治元年11月8日、
准勅祭神社(じゅんちょくさいじんじゃ)として東京十社を定め
勅使(ちょくし)をして御幣帛(ごへいはく)を捧げ、ご祈願しました。
昭和50年、昭和天皇のご即位50年を奉祝して、
元准勅祭神社である東京十社を巡拝する十社巡りが企画され、
「東京十社巡り」が始まりました。

ということで、私も十社巡りを根津神社から始めようと思いました。





次は、『白山神社』へ

IMG_7851_20210904211448604.jpg

IMG_7847_2021090421144747d.jpg

小さな神社の印象でしたが、梅雨時期は特に賑わうそうです。
それは白山神社が紫陽花の名所として有名だからだそうです。



IMG_7852.jpg

手水舎の脇に白旗桜の看板がありました。
そこで白旗桜を調べてみたら、
永承六年(1051年)、八幡太郎義家(源義家)が
奥州征伐に向かう途上に当社に立ち寄り、
サクラに源氏の白旗をかけ
戦勝祈願したと伝わることから「白旗桜」と命名されたそうです。




次は、『王子神社』へ

IMG_7853.jpg

大鳥居は、石造りの鳥居としては都内有数のもので
茨城県稲田産の御影石を使っているそうです。



IMG_7856.jpg

東京都北区王子本町にある神社で、旧称王子権現といいます。
この一帯の「王子」という地名の由来であるそうです。



IMG_7858.jpg

東京都指定天然記念物のイチョウ、樹齢は600年とも言われています。
戦災によって社殿や太田道灌が雨宿りしたという伝説を持つシイの
大木など多くのものが失われた中で、このイチョウは生き延び
今も高台から東京の街の移り変わりを静かに見つめています。




IMG_7860.jpg

王子神社のイチョウの横に階段があって、そこを降りると
音無川(石神井川)の左岸に出ることができました。



IMG_7865.jpg

石神井川は、北区付近では“音無川”と呼ばれ親しまれ
古くからの春の桜・夏の青楓と滝あび・秋の紅葉など
四季の行楽の名所、景勝の地で音無親水公園と呼ばれました。



IMG_7867.jpg

少しだけ散策して王子神社にがあるので戻ります。




次の亀戸天神社へ行く前に腹ごなし

IMG_7868.jpg

姪っ子の間で人気の『亀戸餃子』に寄ってみました。
噂通り、とても美味しかったです。




IMG_7881_20210904213519f53.jpg

そして四社目になる、『亀戸天神社
社殿の横から見えるスカイツリーが如何にも下町風ですね。



IMG_7874.jpg

IMG_7876.jpg

4月下旬から5月上旬にかけて、藤が華麗に咲いていました。
朱の太鼓橋と心字池の水面とのコントラストによって
一段と際立ち、それはそれは見事でした。



IMG_7880.jpg

学問の神様、菅原道真公(天神様)を祀っています。
春は梅花に藤の花、秋は菊花—四季折々の彩りは
まさに“花の天神様”というにふさわしいと言われています。




最後に、『富岡八幡宮』へ

IMG_7885.jpg

ここは、“富岡八幡宮殺人事件”という
2017年12月7日に発生した殺人事件の発生した場所です。

当時、「富岡八幡宮」の宮司の職についていた姉・富岡長子さんが、
前宮司で弟の富岡茂永に日本刀で襲撃され、
首の後ろや胸などを刺されて殺害され、その背景には
宮司就任をめぐるお家騒動による骨肉の争いがあった事が
明らかになり、世間からの注目を集めました。

そんなことはスッカリ忘れて訪れていたのですけど
ブログを書くにあたって、「そう言えば、そんなニュースあったね」と
改めて再確認したわけです。



IMG_7883_20210904213851ec5.jpg

IMG_7884.jpg

社殿と、御朱印の受付は本堂にあります。
その他にも、横綱力士碑・伊能忠敬像・大関力士碑・
願掛け八角十二支石碑・聖域「三末社」・富士塚・伊予の青石と
見所たくさんあったのに、お参りして御朱印だけもらってきてしまった




IMG_7887.jpg

今回いただいた御朱印は5カ所です。
コロナ禍なので、王子神社以外は書き置きとなりました。




IMG_7889_20210904213857220.jpg

5つ揃ったミニ絵馬は、とても可愛い絵のタッチで
それぞれの神社の特徴が、小さな絵馬に描かれてステキです。




“東京十社巡拝記念の10社とは下記”◎が行った所

◎根津神社(根津権現)
◎白山神社
◎王子神社(王子権現)
◎亀戸天神社(亀戸天満宮)
◎富岡八幡宮(深川八幡)
 品川神社
 芝大神宮(芝明神さま)
 日枝神社(山王さま)
 氷川神社(氷川明神)
 神田神社(神田明神)






寿羅、5年と2回目の月命日♪

今日はマイナンバーカードを市役所に取りに行きました。
makipi市の市役所は新築工事をしていて、まだ出来てないので
第二庁舎の方へ行きましたが、
帰り道に、だいぶ出来上がった市役所の前を通りました。
率直に言うと、「何だか垢抜けない建物だなぁ」って感じでしたよ。
私としては外観はどうでもいいけど、
「市民に優しい市役所であって欲しい」と思うばかりです。


マイナンバーカードの話に戻ると、4月の末に提出したのに
二ヶ月も経って交付通知書がやっと届きました。
私たちがお役所に提出するときは、「早く!早く!」と言うのに
反対の立場になると、申請して遅くても何のお詫びもありません。
下手すると、お国は都合が悪いとシュレッダーに入れてしまうらしい
会社も都合が悪かったら黒塗りしたり、
シュレッダーにかけて、無かったことにしてもいいんですか

てな訳で、ちょっとばかり怒ってしまいましたが
急いで提出したのはマイナーポイントの期限が迫っていたからです。
通知が届いたのが遅かったために、すっかり特典を忘れていた私。
9月末までのようなので、慌てて取りに行ったのですが
12月まで期限が延びたようです。
延びたら延びたで、あっという間に12月になってしまう気がします。




いつものように
今日は、寿羅の六十二回目の月命日です。~始めますね。

IMG_6874.jpg

お盆の時の提灯を片付けていたら、立派な写真立てを見つけました。
15歳のときに、ご長寿記念で撮ったものでした。
人の年齢でいったら76歳ですから、
今の私より年上なのに寿羅ちゃんは可愛かったですね。




IMG_6880.jpg

今日もお花がイッパイのお仏壇ですけど、
白の写真立ての上が生花で、蕾のユリに赤いのはカーネーション
黄色の菊に、青のリンドウまでが買ってきたもので
白式部と紫式部は庭から切ってきました(ピンクのユリはフェイク)
豆ジュラの上は全てフェイク、秋っぽく渋めにしてみました。

そうそう、9月9日は重陽の節句ですね。
この14年半のブログの中で、重陽の節句の記事は二回出てきます。
一回目は10年前の、『2011.03.28 中川やしおフラワーパークの桃♪
二回目は1年前の、『2020.09.09 寿羅、4年と2回目の月命日♪





IMG_6827.jpg

すっかり秋めいてきましたが、夏の名残として載せました。
メルメルさんからもらったブルーの木箱と夏物グッズと一緒に
以前、桃のときに紹介したソクライオンちゃんがIN
背景は、沖縄県石垣島の平久保崎灯台です。






テレビの水戸黄門を見ていたら・・・♪

今月に入って直ぐのこと、
パパが好きなテレビ番組、BSの水戸黄門を見ていたら
黄門さまは、津和野に出向いていました。

「津和野って何県だ?」とパパが私に聞きました。
聞いたことはあるけど・・・早速ネットで調べてみました。
津和野は島根県でした。
関東に住んでいるのもあって、どうも大阪より西の方は苦手です。


9月2日放送の
水戸黄門 第23部 第21回「津和野銘菓は恋の味」において
“津和野銘菓”は、“源氏巻(ゲンジマキ)”というワードがでてきました。


時代劇ですし、江戸時代のことなので
「今でも源氏巻があるのかなぁ?」とまたパパがつぶやきました。
「あったら食べたいの?」と私。


再びネットで調べてみました。
結論からいうと、ありましたよ源氏巻。

早速ネットで注文してみました。
そして本日、源氏巻がに届きました。

IMG_6872.jpg

コチラが源氏巻になります。
皮は、どら焼きを滑らかにして薄くした感じで
中身は、上品な甘さのこし餡が入っています。
とても美味しかったですヨ。



それにしても、テレビの影響って凄いですね。
飛びつく私もいけませんね、反省しないと・・・・・。






[遡り]ボケ封じに神田明神へ♪

9月になったばかりなのに、
猛暑から、いきなりの肌寒い日になりました。
タオルケットから羽毛布団に取り替えました。



遡り、[2021年3月21日(日曜日)の事です。]


パパが通院している病院の近くに神田明神があります。
何度か行っている内に気になる看板を見つけました

「七つの石鳥居をくぐり お参りできる」境内末社めぐり
春秋の彼岸の中日に一番近い戊(ツチノエ)の日のお参り。
この日神社に詣でて、五穀豊穣・身体健康を祈る信仰がある。
この時石鳥居を七つくぐってお参りすると、
中風・ぼけ封じにもなるという古くからの信仰と慣習がある。
都内では、七つの石鳥居が揃った神社は、なかなか見当らず、
この日には、多くの参拝がある。毎、戊の日のお参りには
古例にならい家清めの「お砂」を授与致しております。


社日(シャニチ)とは、春分、秋分に近い戊(ツチノエ)の日をいいます。
春の社日を「春社(はるしゃ・しゅんしゃ)」
秋の社日を「秋社(あきしゃ・しゅうしゃ)」とも呼びます。


春分の日と秋分の日を中日(チュウニチ)として、
前後3日間、それぞれ合計7日間がお彼岸になります。
ちなみに、今年の春分の日は3月20日、秋分の日は9月23日です。

例えば、[9/20が彼岸の入り] [9/26が彼岸明け]となるので
9/27は戊(ツチノエ)の日であっても、彼岸明けとなってしまうため
2021(令和3)年の中風・ぼけ封じのお参りは、3月21日しかないと思い
雨の中、コロナ禍の中行ってきたと言うわけです。
かえって雨だったせいで人気が少なく良かったです。



神田明神には、下記の境内末社があります。

籠祖神社(合祀殿)
末廣稲荷神社
金刀比羅神社
三宿稲荷神社
浦安稲荷神社
旧神田市場 千貫神輿
大田市場 江戸神社
大伝馬町 八雲神社
小舟町 八雲神社
築地/魚河岸 水神社



IMG_7684_20210826212007cf9.jpg

朱塗りの鳥居が立派な、「末廣稲荷神社」です。
RUIっち、前日からお泊まりしてまして一緒に付いてきました。




IMG_7686.jpg

「大伝馬町八雲神社」 雨なので、お賽銭を出すのも一苦労です。




IMG_7689_202108262120094ed.jpg

IMG_7690.jpg

「小舟町八雲神社」 パパと仲良しさんです。



IMG_7697_20210826212151896.jpg

IMG_7695_20210826212150fd6.jpg

「築地/魚河岸 水神社」で、お賽銭を小袋に入れてきました。



IMG_7698_20210826212152af9.jpg

IMG_7699.jpg

「大田市場江戸神社」
702年武蔵国豊嶋郡江戸の地(今の皇居の内)に創建された
大江戸最古の地主の神で、古くは大江戸大明神と称された。



IMG_7701_202108262123586ee.jpg

IMG_7700.jpg

「三宿・金刀比羅神社」



IMG_7703.jpg

IMG_7704.jpg

「籠祖神社(合祀殿)」には、八幡神社、富士神社、天神社、
大鳥神社、天祖神社、諏訪神社のご神体が収められています。



IMG_7706.jpg

「隨神門」
昭和50年に昭和天皇御即位50年の記念として建立。
3月なので桜が咲いてますね。



IMG_7709_20210826212640e3b.jpg

IMG_7711.jpg

「御神殿」
昭和9年に竣功。権現造。鉄骨鉄筋コンクリート・総朱漆塗の社殿
神田明神』をあとに、RUIっちの興味のある場所へ移動しました。




日本サッカーミュージアム』に到着です。

IMG_7722.jpg

IMG_7721.jpg

ココは、前から入ってみたかった場所で
神田明神よりも、パパが通っている病院から近いです。



IMG_7719.jpg

IMG_7720.jpg

これがあると必ず顔出しする子っているでしょRUIっちです。



2002FIFAワールドカップ日本/韓国 円陣

IMG_7723_2021082621283733d.jpg

IMG_7724_20210826212839e2b.jpg

展示品は、FAシルバーカップ・Jリーグ杯・Jリーグ開幕戦使用球や
1936年 ベルリン五輪 日本代表ユニフォームからの歴代ユニフォーム
など私にとっては、どれもレアものばかりですけど
RUIっちとパパは興味が無くて、もっとジックリ見たいのに
あっという間に出口に出てしまい残念な感じになりました。


当初の目的のボケ封じは願いが叶ったので由としておきます。






名水百選、出流原弁天池♪

2.3日前に友達から栃木県の佐野市に
名水百選の出流原弁天池(イズルハラベンテンイケ)があって
「東北自動車道で行けば1時間くらいで行けるらしいよ」と。

パパに話したら、
「昨日のうちに掃除終わらせてあるので行くんだろ?」と言われ
暑そうだけどシブシブ出かける支度をしたのでした。


パパのお母さんは、
テレビで、「今は桜の見頃」とか「食べ頃を迎えています」等を見ると
「行ってみるか?」と即行動して連れて行かされたのを思い出します。
パパのお母さんは連れて行ったからには、
食事や泊まったりしても支払いは全て払ってくれますので◎ですけど。
出かけたがりやところは、「親子で似ているなぁ」と思います(笑



を出たのは9時45分頃、ゆっくり目ですね。
1時間ちょっとで到着しました。

IMG_8310_20210823204201a22.jpg

を停めると、いきなりカラフルな花手水(ハナチョウズ)がお出迎え。



IMG_8314_20210823204202adc.jpg

出流原弁天池は、一之池・二之池・三之池がありまして
ココは涌釜神社前の二之池になります。



IMG_8323_20210823204204188.jpg

“出流原弁天池湧水”と“天然記念物出流原辯天池”の碑の間に
立って、一之池を見渡しているパパです。



IMG_8325_20210823204205df5.jpg

ココが目的地の『出流原弁天池(イズルハラベンテンチユウスイ)』です。
名水湧き出る自然豊かな池で涼しさを感じました。
紅葉の頃にも訪れてみたいと思いました。




IMG_8324.jpg

名水百選に選ばれる出流原弁天池の隣接する涌釜神社です。
水の神、子守りの神として知られています。



IMG_8331_20210823204720ae0.jpg

池の畔の売店で、涌釜神社の御朱印をいただきます。
栃木県も緊急事態宣言中になったため、書き置きになりました。
池の鯉が押された可愛い御朱印です。




IMG_8367.jpg

IMG_8333_20210823204721893.jpg

コチラは、磯山弁財天の登り口になります。
新型コロナウイルス禍で疲れている人に活力を取り戻してもらおうと
出流原弁財天観光協会は、
磯山弁財天で風鈴の音色を感じる“風鈴祭”を始めました。
短冊に願い事を書いて奉納(有料)することもでき、
夜はライトアップも9月15日まで行っているそうです。



IMG_8340.jpg

IMG_8341_2021082320490861a.jpg

池の裏山に位置する磯山弁天は、山の中腹に赤い社殿があり
佐野市内を見下ろせる絶景ポイントがあります。



IMG_8342.jpg

IMG_8343.jpg

行こうか、止めようかと迷いましたが
折角来たんだから、
この急な階段を「ヨイショ!ヨイショ!」と上りました。



IMG_8361.jpg

途中に湧き水がありましたが、「冷たかった」そうです。
こんな時期だから飲みませんでした。



IMG_8348.jpg

多くの参拝者は、この磯山弁財天で引き返しますが、
さらに上へと登ると三峯神社の休憩所があるそうです。
さすがに私たちはココで引き返しました。



IMG_8350-1.jpg

赤の社殿は、
赤見温泉フィッシングフラワーパークの池周囲からもよく見えます。



IMG_8358.jpg

磯山弁財天は、佐野七福神に数えられています。



IMG_8360-1.jpg

斜面の岩肌に建つ弁財天の入り口には、白蛇が鎮座しています。
蛇は弁天様のお使いとされ、昔から大切に保護されてきたそうです。




IMG_8368.jpg

名水とうふの里 丁庵』さんに寄りました。
豆腐に湯葉、油揚げと味噌漬けの油揚げをお土産に買いました。



帰るにあたって、
佐野藤岡ICに向かう途中に『佐野厄除け大師』に行きました。

IMG_8370.jpg

金銅大梵鐘(キンヅクリダイボンショウ)を撮ったつもりが、
金の撞木(シュモク)しか見えてない
また、犬型のゆるキャラさのまる君可愛いですよね。
さのまる君は、佐野の特産品を身にまとった侍の姿をしており
笠は佐野ラーメンのお椀で出来ており、
前髪はラーメンの中太ちぢれ麺で出来ており真ん中で分けている。
剣は佐野市名物のいもフライである。    [Wikipediaより]



IMG_8371.jpg

栃木県佐野市の佐野厄除け大師は、
青柳大師、川越大師と共に関東の三大師の一つに数えられます。
弘法大師を祀った真言宗の関東厄除け三大師
西新井大師・川崎大師・ 観福寺大師堂とは全く別な物だそうです。
恥ずかしながら、関東の三大師は
西新井大師・川崎大師・佐野厄除け大師だと思っていました。



IMG_8372.jpg

IMG_8373.jpg

たわし奉納料の上には、
お掃除小僧さん 
  掃けば散りはらえば又も散り積もる
    庭の落ち葉も人の心も   [当 山] と書いてあります。
私は奉納たわしの№14番のピンクのタワシを買いました。



IMG_8375-1.jpg

佐野厄除け大師をあとに、美味しい佐野ラーメンを食べに行きました。
たくさんあるラーメン屋さんの中で選んだのが、『くにや』さん
ちじれ麺でスープが透き通っているのにコクがあって
チャーシューが又美味しい、餃子も美味しくて買って帰りました。
写真を撮るの忘れました。


そうそう、ICに向かう途中で佐野名物のB級グルメ食べました。
その名も、いもフライ『いでい焼そば店』さん
お店は小さいのですが、に車が次から次へと入っていくのです。
私たちも釣られて車を停めて買いに行きました。
私の前のお客さんは、「10串」とか言ってました。
取りあえず、2串200円 1串100円リーズナブル
ラーメン食べたばかりなのにパクパク、ソースがメチャ美味しかった。
コチラも食べるのに夢中で写真取り忘れです。

ラーメンと、いもフライだけ食べに行ってもイイくらい
食べ物が大当たりの日でした。


今日はRuimamaの誕生日ですので、
「お土産買ってきたよ~」の電話と一緒に
「お誕生日おめでとう!」と言いました。






手づくり・手づくり・手づくり♪

朝方はが見えたものの、お昼過ぎにはが降ってきました。
風が変な吹き方していて不気味な感じ、お天気が安定しませんね。


外出も中々出来ない今日この頃、でチマチマしているしかないので
先日二箱もいただいた桃が、
冷蔵庫に入れていても少しずつ劣化していくので

s-IMG_6713.jpg

今日は思い切ってジャムにしてみました。




IMG_6779.jpg

今回は皮も有効に使いたいので、
取り除いた皮はお茶パックに入れて一緒に煮ました。




IMG_6786.jpg

約1㎏に対して、6瓶の手作り桃ジャムが出来上がりました。
ラベルも手作りですよ~。




そうそう、手作りと言えばチュニックとブラウス出来上がりました。

IMG_6788.jpg

残り布でウサのぬいぐるみとシュシュ、マスクに髪留めゴムも。




IMG_6789_20210818184137bc7.jpg

後ろ姿のシッポが可愛くて撮ってみました。
ピンク生地は、みぃたんにもマスクと髪留めゴム作ってあげました。
パープル生地が、まだたくさん残っているから何作ろうかな
共生地で作ると可愛いですよね。




IMG_6785.jpg

手作り品を集めてパチリ




IMG_6781_202108181841312f5.jpg

緑のポトスをいれるとイイ感じ





寿羅のカウントダウン

1997年6月28日に生まれた寿羅は、 2016年7月9日に19歳と11日で         ☆お星様になりました☆

プロフィール

makipi

Author:makipi
BLOG
ジュラ♪ジュラ♪へようこそ♪

4才半で我が家に来たジュラは
名前を変えたら可哀そうだから
漢字にして【寿羅】にしました
大きい病気もなくスクスクと
名前のように長寿でした!

本館HP
~風Maの部屋~もヨロシクネ♪

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ